文字サイズ

首位阪神、六回の大量失点が響き敗れる 3カード連続初戦敗戦

 6回、DeNAに先制を許した阪神・藤浪=甲子園
2枚

 「阪神2-5DeNA」(26日、甲子園球場)

 阪神は終盤に追い上げたものの、六回の大量失点が響き敗れた。これで3カード連続で初戦敗戦となった。

 0-0の六回、先発の藤浪が先制点を許したところで降板し、1死一、三塁から岩崎が倉本に右前打を許し追加点を奪われた。さらに2死満塁でロペスの放った打球は左翼後方へ。強風にあおられどんどん伸びるボールを左翼手・伊藤隼が目測を誤り走者一掃の3点二塁打にしてしまった。

 六回までDeNA井納に無安打に抑えられていた阪神は、先頭の糸井が内野安打で出塁すると、1死一、二塁から福留の左前適時打で1点を返した。八回にも糸井の右翼線への適時二塁打で1点を返したが、一気に攻めることができず敗れた。

 藤浪は3敗目。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス