文字サイズ

秋山 3連続完封の巨人・菅野に投げ勝つ 6連勝に貢献する2勝目

6回、巨人・長野を三ゴロに打ち取り、拳を握る秋山
ヒーローインタビューを終え、スタンドの歓声に応える秋山
福留孝介らナインをタッチし迎える(左から)マテオと秋山拓巳=東京ドーム(撮影・園田高夫)
3枚3枚

 「巨人2-4阪神」(9日、東京ドーム)

 阪神・秋山が3試合連続完封の巨人・菅野に投げ勝ち、2勝目を挙げた。

 秋山はソロ本塁打2本のみで7回6安打2失点の好投。菅野との投げ合いに「めちゃくちゃ緊張してたんですけど、対菅野さんというより自分ができることをしようと思っていた。序盤から点をとっていただいたんで緊張していたんですけど、打線の勢いに乗っていくことができた」と序盤の援護点に勇気をもらい、安定した投球を披露した。

 巨人戦での先発白星は新人時代の2010年以来となる。

 チームは6連勝。金本監督は「一番は秋山が菅野相手に投げ勝ってくれたな。そこです。秋山の気持ちが前面に出ていたし、打線も秋山に勝たそうという気持ちが出ていた」と好投を喜んだ。

 セ・リーグトップの20勝到達で貯金は9となった。「きょうの勝ちは秋山にも大きいと思いますし、チームにとっても大きい。貯金を増やしていけるように。きょうの秋山のピッチングをみて岩貞がどう思うか」。10日先発の岩貞にハッパをかけていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス