文字サイズ

連敗3で止まる、糸井が勝ち越し3ラン 3戦連発「明日も練習して備える」

7回、勝ち越し3ランを放ち、堂々と天を指さす糸井(撮影・高部洋祐)
3枚

 「阪神4-1ヤクルト」(5日、京セラドーム大阪)

 阪神が連敗を3で止め、開幕戦以来の今季2勝目を挙げた。

 1-1の七回2死一、二塁から糸井が3試合連続の一発となる3号3ランを右翼席へ運んだ。

 初回は無死満塁から福留の遊ゴロ併殺打の間に1点を先制。

 先発・秋山は6回0/3、6安打1失点。七回は2番手・桑原が無死一、二塁から登板し、後続の代打・鵜久森らを抑えた。八回をマテオが抑え、九回は三者凡退で締めた。

 糸井は「手応えは完璧でした。ここしかないと思っていた。投手も頑張っていたので、あの場面しかないと思い振り抜いた。(3戦連発だが)これでおごらず明日も練習して備えたい」などと語ると、阪神ファンの大声援に、「僕も鳥肌立っています。一番のチームだと思う」と応えた。

 ヤクルトは連勝が2で止まった。四回1死から山田の左中間二塁打とバレンティンの中前タイムリーで同点としたが、2番手・ルーキが糸井に3ランを浴びた。先発・山中は6回5安打1失点。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス