文字サイズ

メッセ、6回3失点降板 納得いかない表情浮かべ…

5回、京田に先制の適時二塁打を許し、悔しそうな表情を見せるメッセンジャー
5回、中日・京田陽太に先制適時打を打たれ悔しがる阪神 ランディ・メッセンジャー=ナゴヤドーム(撮影・飯室逸平)
5回、中日・京田の適時打で先制のホームを中日二走・遠藤一星(右)に許す阪神 ランディ・メッセンジャー=ナゴヤ(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 「オープン戦、中日-阪神」(17日、ナゴヤドーム)

 阪神のランディ・メッセンジャー投手が、6回3失点でマウンドを降りた。

 0-0の五回に京田、荒木の適時打で2点を先制される。六回にも遠藤にセーフティスクイズを決められ失点。終始、腕の振りを気にするなど、自身の投球に納得がいっていない様子だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    サッカー速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス