文字サイズ

清宮&安田の「対応力」阪神見極める どちらがドラ1候補?重点チェックへ

 阪神が今秋ドラフト1位候補に挙げる早実・清宮(右)と履正社・安田
1枚拡大

 阪神が今秋ドラフト1位候補に挙げる早実・清宮幸太郎内野手(2年)、履正社・安田尚憲内野手(2年)について、好投手との対戦を重点的にチェックする方針であることが12日、明らかになった。

 将来の4番候補を見定めるポイントはどこか-。東京と大阪をまたいで昨年から両選手を担当する畑山チーフスカウトは「清宮君にしても安田君にしても、スイングの力とパワーがあるのは分かっている。良い投手と対戦する試合を重点的に見たいと考えている」と明かした。

 そこで焦点を当てるのは両選手の対応力。昨秋の東京大会決勝、清宮は日大三の左腕・桜井に5打席連続三振を喫した。安田も昨夏の甲子園で全国クラスの投手から内角攻めを受け、打撃フォームを崩した経緯があった。

 「ホームランの数を見ても、彼らがすごい打者というのは分かる。だからこそ対応力を見られるように、そこは逃さずチェックしていきたい」と同チーフスカウト。プロ並みの力量を持った投手と打席の中でどう対峙(たいじ)していくか、そして攻略していくか-。2人が並の高校生ではないからこそ、スカウトが見るポイントもハイレベルなものになってくる。

 2人のスカウトで密着マークするよりも、畑山スカウトが両選手を直接見ることで総合的な力量を比較しやすく、フロントや金本監督にも的確に進言できる。だからこそ「ポイント、ポイントはしっかりと見たい」。評価する立場として、独自の視点で見極めていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス