文字サイズ

金本監督、来季逆襲の条件は広島&巨人と“五分の戦い”

 広島、巨人との“五分の戦い”を掲げた阪神・金本監督
1枚拡大

 阪神の金本知憲監督(48)が8日、来季逆襲の条件に広島、巨人との“五分の戦い”を挙げた。

 今季は上位2チームに借金を重ねた。「広島か?主に。広島に借金11?じゃあ、モロか。巨人は?(6で)あ~。それを五分にしていったらね」。金本監督が思い描く来季の戦術だ。一方で巨人はFAで山口俊や森福の補強にとどまらず、陽岱鋼の獲得も決定的で「怖いチームっていうことに変わりはないけど」と言及。ライバル球団の戦力を見極めつつ、今季の屈辱を晴らさなければならない。

 同時にリーグ全体の力は拮抗(きっこう)している、とも見る。「昔みたいな4強2弱とか、3強3弱とか、そういう図式じゃないわね、正直」。まずは今季の1位、2位チームと対等に戦い、最後に勝ち抜く。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス