文字サイズ

金本監督決めた 糸井はセンター 福留と黄金の右中間

 壇上であいさつする金本監督
1枚拡大

 オリックスから新加入する糸井嘉男外野手(35)が来季、中堅で全試合出場を目指す。22日、球団納会に出席した阪神・金本知憲監督(48)が「俺はセンター一本で考えている」と明言。これにより、一塁転向案が浮上していた福留孝介外野手(39)も右翼に固定。広い甲子園の右中間を、球界屈指のコンビで守る構図が浮かび上がった。

 美しい緑の芝が“超人”の全力プレーをより鮮やかに見せる。来季から縦じまに袖を通す糸井のポジションは、甲子園のど真ん中に決まった。金本監督が「俺はセンター一本で考えている」と明言。聖地特有の浜風を感じながら、ゴールデングラブ賞7度の守備力で中堅を死守する。

 今季オリックスでセンターでの出場はなく、主戦場は右翼。プロ13年間で1166試合に出場し、そのうち右翼での先発出場が573試合で、中堅は441試合。最後に先発でセンターに就いたのは15年6月11日・ヤクルト戦(京セラドーム)だ。

 それでも、指揮官は「全くどっちでも違和感がないみたいで…。特にやりにくさはないということだから。守備範囲も広いし、肩も強いし」と絶大の信頼を置く。50メートル走5秒台、遠投120メートルのポテンシャルは球界屈指だ。本職ではなくても心配はない。広い甲子園を守り抜くだけの能力は十分に備わっている。

 これにより、一塁への転向プランも浮上していた福留の右翼固定が実現する。来季40歳を迎える大ベテランだが、今季131試合に出場するなど衰えを感じさせない、円熟味を増したプレーは健在。鉄壁な右中間の完成に指揮官の言葉も弾む。

 「これで孝介(福留)は外野に専念できるんじゃないかな。メジャーで一塁の経験もあるし、それが彼のためかなという思いから提案したんだけど、彼が外野一本で専念したいというので…」

 今年の失策はわずか「1」。来季も、ゴールデングラブ賞を5度獲得した同じ職場で勝負をかけたい。糸井の加入は福留を生かし、またチーム全体の守備力向上にもつながる。

 空席となる一塁は、捕手を第一志望とする原口が就く可能性もある。だが、金本監督が「オープン戦、3月中旬には固まってくると思うけど」と話すように流動的。契約合意に達したエリック・キャンベル(前メッツ)も、一塁を守った経験があるという。

 打順についても現状は白紙。指揮官は「外国人にもよるしね…今決める必要はないよ。高山や北條、原口がどれだけ力を付けてくるか分からない」と話す。糸井については「2番構想」も描いていたが、今後の状況を加味した上で決断を下す。いずれにしても、打線の軸となる働きを求めることは確かだ。

 17年シーズンの青写真が虎将の脳裏に浮かぶ。『挑む』をスローガンに掲げる金本阪神2年目は、負けられない勝負の年。そんなチームの象徴は虎色に染まる背番号7。希望の光は差し込んでいる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス