文字サイズ

阪神ドラ2の富士大・小野、7回1失点の好投も…援護なく初戦敗退

1回戦敗退も上武大相手に7回1失点の好投を見せた富士大・小野=神宮球場
6回上武大無死、宮川海斗を三邪飛に打ち取り、打球を指差す富士大・小野泰己=神宮球場(撮影・開出 牧)
上武大に敗れ悔しさをにじませながら引き揚げる富士大・小野泰己(右から3人目)=神宮球場(撮影・開出 牧)
3枚3枚

 「明治神宮野球大会大学の部・1回戦、上武大1-0富士大」(11日、神宮球場)

 阪神からドラフト2位指名を受けた富士大・小野泰己投手(4年・折尾愛真)は、7回1失点と好投したが、打線の援護なく初戦で姿を消した。

 立ち上がりから自己最速タイとなる152キロを計測するなど、150キロ台の直球を連発した小野。ただ「立ち上がりから力んでしまって。初回から飛ばしすぎた」と全国の舞台、大学生活最後の大会だったことから、力が抜けなかった。

 球速が落ちてきた五回、先頭への四球からピンチを招き、中前適時打で先制点を失った。バウンドが変化する不運な打球だったが「四球からの失点を春からの課題にやってきた。それができなかったのは力不足」と決して言い訳にはせず、背負い込んだ。

 高校時代は全国的に無名の選手。大学で急成長を果たし「打者に向かってけるようになった。気持ちの部分で」。150キロ超のストレートを身に付けたことで、打者と力の勝負ができるようになった。「まだ終わった感じがしないです。まだまだ体も細い。体が大きくなったらもっと安定すると思う」と次のステージを見据えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス