文字サイズ

阪神・岩田、4月以来の1軍登板も山田に被弾

7回、ヤクルト・山田(奥)に本塁打を浴びた阪神・岩田=神宮球場(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 「ヤクルト-阪神」(10日、神宮球場)

 阪神の岩田稔投手(32)が、4月27日以来となる1軍のマウンドで、ヤクルト・山田にこの日3本目となる38号ソロを許した。

 本来の先発ではなく、中継ぎ要因として昇格。早速、1-4の七回に出番が訪れた。1死を奪った後、この日すでに2本塁打を放っていた山田を打席に迎える。しかし、こん身の147キロ直球を右翼スタンドに運ばれた。

 その後もヤクルト打線につかまって4失点。悪夢の1軍復帰登板となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス