文字サイズ

4位阪神が3位DeNAを3タテ、0・5ゲーム差に

DeNAに3連勝し、笑顔でハイタッチを交わす阪神ナイン=横浜スタジアム(撮影・出月俊成)
6回、2点適時二塁打を放つ阪神・高山俊=横浜スタジアム(撮影・北村雅宏)
6回阪神無死満塁、右線へ2点タイムリー二塁打を放つ阪神・高山俊=横浜スタジアム(撮影・田中太一)
3枚3枚

 「DeNA3-9阪神」(25日、横浜スタジアム)

 4位・阪神が4連勝。3位・DeNAにカード3連勝し、ゲーム差を0・5に縮めた。

 二回、北條の適時打で1点を先制。四回は高山が右中間へ5号満塁本塁打を運び4点を追加。六回も高山の2点適時二塁打と福留の2点適時打で4点を加えた。

 先発・メッセンジャーは6回6安打1失点で11勝目(8敗)を挙げ、打撃でも来日初の猛打賞と活躍した。

 連夜のヒーローインタビューに高山は「最高です。(満塁弾は)その前の打席で満塁のチャンスをつぶしていたので何とかしたかった。最高の形になって良かった。(メッセンジャーの登板日に安打が多い)全部の試合で打てればいいんですが、1試合1試合必死で打っていきたいです。(3連戦で8安打)1個上のチームに何が何でも勝つんだという気持ちで戦っています」などと話した。

 DeNAは4連敗。0-9の六回、倉本の適時打で1点。先発・ペトリックは5回0/3、9安打8失点で2敗目(3勝)。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス