文字サイズ

メッセが2年ぶりの2桁10勝目 2014年以来の完封は九回失点でお預け

8回、大島を二直に打ち取り、雄叫びを上げるメッセンジャー(撮影・高部洋祐)
好投する先発のメッセンジャー(撮影・飯室逸平)
お立ち台で阪神・江越大賀(左)、阪神・福留孝介(右)と並び「10勝」ポーズを見せる阪神 ランディ・メッセンジャー=京セラドーム(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 「阪神4-2中日」(12日、京セラドーム大阪)

 阪神・メッセンジャーが10勝目を挙げた。九回に1死走者なしから失点し、完封は逃したが、中日打線8回1/3を5安打2失点、8三振を奪い、2年ぶりの2桁勝利をマークした。

 打線は四回に江越が6号ソロ、六回に福留が8号ソロ。七回には北條の適時三塁打で加点し、八回にもゴメスが左前適時打を放ち、突き放した。

 九回に失点し、2014年以来の完封を逃した右腕は、「勝ちたい試合でしたし、攻撃陣もいい点の取り方をしてくれた。どの球種もどのコースも投げ分けることができた。次はカンプウ」とアピール。

 13日に35歳の誕生日を迎える助っ人に、本塁打で援護した福留は「暑いのが好き。頑張りました」と振り返っていた。

 中日は先発バルデスが好投したが、打線の援護が遅く、3連敗。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス