文字サイズ

福留、大和の内野転向に「反対」

ラジオ番組に出演し「藤本コーチです」と紹介する福留(撮影・持木克友)
1枚拡大

 阪神・福留孝介外野手(37)が13日、MBSラジオ「藤本敦士のDASH宣言!」に出演。大和の内野転向に「反対」を唱えた。

 福留が本音を明かした。パーソナリティーを務める藤本2軍内野守備走塁コーチとは同い年で気心知れた間柄。終始ざっくばらんなトークで盛り上がったが、来季の守備位置の話題を振られると、声色が変わった。

 「大和がショート?いかないほうがいいでしょ。センターに置いておいてほしい。大和以上のセンターは12球団探してもいないよ」。和田監督は鳥谷のメジャー移籍に備え、大和を遊撃へ転向させる腹案を温めている。首脳陣の判断に異を唱えるつもりはないが、私見を問われれば「賛成」とは言えない。

 「大和はゴールデングラブ。同じ外野手としてはセンターにいてもらいたい。トリの残留が一番だけど…。チームのためには若手が育たないと。遊撃手の育成を藤本コーチに頼んでおいたから」。福留は過去4度ゴールデングラブ賞に輝いた。名手にしか分からない大和の価値がある。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス