文字サイズ

ドラ2石崎2・6億円車オーナー目指す

 「阪神・新入団発表会」(8日、大阪市内)

 阪神の新人選手入団発表会が、大阪市内のホテルで行われドラフトで指名された5選手が南球団社長、和田監督とともに会見した。ドラフト2位・石崎剛投手(24)=新日鉄住金鹿島=は将来の目標の一つとして「活躍していい車に乗りたい」と話し“世界でもっとも高い車”と言われる約2億6000万円の超高級車ブガッティ・ヴェイロンのオーナーに照準を定めた。

 最速151キロのスピード男がその瞬間、目を輝かせた。どんな車に乗ってみたいか?石崎はその質問に一気に冗舌になった。

 「ホテルの下でランボルギーニやフェラーリを見たんです。いいですよね。究極はブガッティ・ヴェイロンですね。2億円以上する頂点に近い車です。ビートたけしさんも乗っているらしいです」

 ブガッティ・ヴェイロンはフランスのスーパーカー。約2億6000万円の“世界でもっとも高い車”の一つ。最高速度は410キロ。世界でもっとも速い市販車とも言われる。購入には審査があり、キャッシュでしか販売しない。多くは限定車で日本では10台前後しかないと言われている幻の名車だ。映画監督の北野武や、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・ロペスなどもオーナーとなっている。

 石崎の趣味は洗車。茨城の三和高時代に車に興味を持つようになり、社会人になってからは、専門誌を読みあさるようになった。プロになったらあんな車に乗ってみたい。そんな夢を描くようになった。ところが、腰痛などもあり、なかなかプロから声が掛からない。苦節6年、ついに念願がかなった。

 もちろん、本業で結果を残さなければ、年俸は上がらないし、車も買えない。

 会見ではタテジマのユニホームに袖を通して「実感が湧いています。やっとプロ野球選手になりました」と言葉に気持ちを込めた。

 背番号は30。今季まで久保田が付け、あこがれの人という前カブス・藤川球児が入団時に付けていた番号でもある。「久保田選手に続いていい結果を残せればいい」と話した。

 対戦したい打者には外国人選手を挙げた。「プロは力と力の勝負。どれだけ通用するか試してみたい。バレンティンですか?ストレートで三振を取れたらなと控えめなんですけど」と笑顔で話した。

 動画サイトや専門誌で調べ尽くした究極の高級車。いつか、夢を手にする日まで、快速球で打者から三振を取り続ける。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス