文字サイズ

梅野、31年ぶり新人バッテリー星導いた

 「DeNA0‐3阪神」(5日、横浜)

 大胆に攻めた。91年6月17日生まれの阪神・梅野が、その2日後の同月19日に生まれた岩崎とのコンビを組み、球団では83年の御子柴‐木戸以来31年ぶりの新人バッテリーでの勝利へ導いた。

 「あれだけ腕を振ってくれたので、岩崎がすごかったんじゃないですか」と7回無失点の相方をたたえたが、梅野のタクトなくして勝利はなかった。

 序盤から伏線を敷いた。4番の筒香以外は全て右打者を並べた相手打線に、初回から内角を見せ続けた。「意識づけることが後に影響してくるので」と話すルーキー。後藤、多村、バルディリスら一発がある打者にも果敢に懐を突いた。

 相手が3巡目に入った五回からは内角を見せつつ、外角の勝負球で凡打の山を築く。五回から岩崎が降板する七回まで代打・金城の1安打に抑えた。

 プロ入り前は打撃よりリード面に不安を感じていた。大学は地方リーグの福岡大でプレー。「向こう(中央)からすると劣るし、外角や緩急を使えば抑えられていた。でも、プロは違う。その辺りが不安」と話していた。

 課題はあるが、成長を見せている。和田監督は「きょうは若いバッテリーが必死に配球を組み立ててくれていた。ただの1勝ではないと思う」と称賛。1軍最年少野手は、立派な扇の要となりつつある。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス