文字サイズ

藤浪186キロ?「人類最速ですね」

 「練習試合、阪神3-6LG」(25日、宜野座)

 阪神・藤浪晋太郎投手(19)が25日、今年初の対外試合登板を果たした。韓国・LG戦に五回から3番手で投げた。球場の球速表示が明らかな誤表示の186キロ、さらに“甘め”ながら自己最速の156キロを記録した。

 マウンド上で思わず吹き出した。先頭打者に対して投じた初球の剛速球。スピードガンが誤表示で184キロを計測したのだ。2球目は自己最速となる156キロ。さらに次打者・朴龍澤の打席でも誤表示が続き、4球目に、186キロを計測した。

 上機嫌で引き揚げてきた藤浪は「人類史上、最速ですね。186キロも出たので決して調子は悪くないですよ」と口は滑らか。これまでの最速は昨年6月23日・DeNA戦(横浜)でマークした155キロ。自己最速となる156キロについては「今日は全体的に(球速表示は)甘かったので。そんなに出ていないと思いますよ」と記録更新は否定した。

 2回1安打1失点、4奪三振の結果以上に、手応えがある。「スピードガンどうこうではないですけど、自分の感覚としてはしっかり投げられました」

 対戦した左打者計4人もすべて料理。直球を思い切って内角に投げ、昨季苦戦した対左打者の課題克服に一歩、前進した。和田監督も「現時点では順調」と合格点。春季キャンプ最後の実戦登板は上々だった。

2022-07-06
2022-07-03
2022-07-02
2022-07-01
2022-06-30
2022-06-29
2022-06-28
2022-06-26
2022-06-25
2022-06-24
2022-06-23
2022-06-22
2022-06-21
2022-06-19
2022-06-18
2022-06-17
2022-06-12
2022-06-11
2022-06-10
2022-06-09

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス