文字サイズ

西岡ピンチ!右肘痛発症で緊急帰阪

 「阪神春季キャンプ」(8日、宜野座)

 西岡剛内野手(29)が8日、右肘痛のためキャンプを一時離脱して緊急帰阪した。今後、関西の病院で精密検査を受ける予定で、再合流の時期などについては未定。キャンプ初日から力強いスイングを見せるなど、軽快な動きを見せていた男にまさかのアクシデントが襲った。

 球団トレーナーと那覇空港の出発ロビーに現れた西岡。この状況が異常事態であることを如実に示していた。「自分の方から何もお話しできません」とだけ言い残し、緊急帰阪した西岡。虎の中枢を担う男に、まさかのアクシデントが襲った。

 和田監督は「右肘の方がね。関節炎で気になっている状態なので」と明かした。第2クール初日となった7日を全休した理由は体調不良と発表されていたが、一方で右肘の状態が思わしくなかったもよう。第1クール最終日の練習中に右肘に違和感を覚えたという。

 この日はアーリーワークを取りやめ、全体練習前に球場入り。ただアップには加わらず、権田トレーナー付き添いのもと、約1時間、ウエートルーム内で軽めに汗を流した。

 その後、グラウンドへと移動したはずだったが姿を見せず、投内連係中には和田監督の姿もグラウンドにはなかった。トレーナーを含めて今後の予定や方針などを話し合っていたもようで、緊急帰阪が決定。正午過ぎに宜野座を離れる際には厳しい表情を貫いたまま、タクシーへと乗り込んだ。

 10日にも関西の病院で精密検査を受ける予定で、治療方針や再合流の時期などについては診断をもとに決める方針。「勝負の年」と位置づけた今キャンプでは、第1クールから精力的な動きを見せていた。

 長打力アップを目指した打撃改造や、二塁守備でもキレのある動きを見せていた西岡。5日にランチ特打を行った際には「今までの自分の打球とは違う。ビックリした」と語るほど確かな手応えをつかんでいた。

 第2クールでは近年ではなかった特守、特打を行うプランも立てていたが、指揮官は「今は無理をさせる時期じゃない」と慎重な姿勢を崩さなかった。9年ぶりのリーグ制覇へ、打線の核を任せられる存在だけでなく、ムードメーカーとしても必要な戦力。和田監督は「大幅に遅れることはない」との見通しを示したが、軽症であることを願うばかりだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス