文字サイズ

田上、良太手本に“声出し”開幕1軍や

 今年こそ開幕1軍や‐。2年連続で1軍キャンプスタートとなった阪神・田上健一外野手(25)が24日、鳴尾浜の自主トレ組に合流し、声を武器にして、昨年は逃した開幕1軍切符を勝ち取る決意を示した。新井良をモデルに4年目の今季に飛躍を期す。

 「自分はすべてでアピールしないといけない。声とか、守備とか、走塁とか。何かしらの形で貢献できるよう、戦力になれるようにやっていきたい」。ムードメーカーとして開幕切符を奪い、少ないチャンスを生かして4番まで務めた新井良を手本とする。

 前日まで同僚の清水とともに安芸で自主トレを行い、課題とする打撃力アップに時間を割いた。午前中はティー打撃、午後からはフリー打撃と、一日中バットを振り続けた。

 「今年は結構やり込んだと思う。打ち込み期間としてスイングの量も増やしたし、今までにない軸の強さを感じてます」。群雄割拠の外野戦争。声、足、打撃をアピール材料とし、定位置争いに殴り込みをかける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス