文字サイズ

松田、フォーク磨いて「ポスト球児」に

 阪神・松田遼馬投手(18)が24日、名捕手の教えで新球に磨きを掛けることを誓った。昨年の秋季キャンプから取り組むフォーク。先日、鳴尾浜球場を訪れた元阪神・矢野燿大氏に「練習で投げるのもいいが、実戦で使って打者の反応を見るのも大事」とアドバイスを受けたことを明かした。

 大先輩からの助言に、2年目右腕も大感激。「試合でどんどん投げて、いいボールにしていきたい」と意欲を見せた。この日の鳴尾浜球場のブルペンでも新球を試投。「ベースの中に行けば、ちょっと落ちるだけでも有効な球。今はそこを目指している」。

 初の1軍キャンプに抜てきされた松田。練習ではもちろん、最近は書店でフォークについて書かれている本を見つけると手に取るなど、研究も欠かさない。伝家の宝刀を身に付け、「ポスト球児」に名乗りを上げる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス