文字サイズ

ドラ3田面の球重~い…小豆畑うなった

 1軍キャンプへ「重さ」でアピールだ。阪神のドラフト3位・田面巧二郎投手(22)=JFE東日本=が20日、鳴尾浜で2度目のブルペン入り。ドラフト4位の小豆畑が初めて相手を務めた。「社会人時代受けた(投手の)中でも、球が重かった」と同期捕手をうならせるほど、威力のある投球を披露した。

 「フォームに意識を置いた。6割ほどの力で投げました」という田面。榎田を超える周囲69センチの太もも。その強じんな下半身から繰り出される直球はズシリと重かった。小豆畑は右手に残る感触を思い出しながら「全力で投げた時が楽しみ」と笑みを浮かべた。

 中継ぎとして期待されるドラ3右腕。社会人時代には経験のないポジションだが、不安はない。「社会人時代には連投の経験がないので、そこを踏まえながらやっていきます」。今後は球数もブルペンに入る回数も増やし、中継ぎ仕様にチェンジしていく考えだ。

 1軍キャンプ行きの当落線上にいる。藤浪と同じ沖縄への切符をつかむため、鳴尾浜で剛腕をアピールし続けていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス