文字サイズ

北條、G坂本超えへ1年目から勝負だ

 阪神ドラフト2位の北條史也内野手(18)=光星学院=が6日、堺市内のホテルで「狭山ボーイズ壮行会」に出席。参加していた光星学院・仲井宗基監督から、同校OBの巨人・坂本を超えるようにゲキを飛ばされた。すでに坂本が行うティー打撃にも取り組み、1年目に初安打初打点を記録した先輩を超える。

 壇上の恩師からゲキが飛ぶ。偉大な先輩を超えろと指令が下る。光星学院・仲井監督の「坂本を超える選手になってほしい」というスピーチを、北條は神妙な面持ちで聞き、決意を固めた。1年目にプロ初安打が初打点となる決勝打となった坂本を超えるためにも、1年目から勝負をかける。

 「1年目からやってやろうという強い気持ちがないと、プロの世界ではやっていけないと思う。強い気持ちでやっていきたい。(坂本は)憧れで、目標でもあります。プロの世界で近づけるように努力していきたい」

 難しいチャレンジとなるが、気持ちは前向き。言葉だけでなく、すでに行動にも移していた。坂本に追い付き、追い越すためにも、同じ練習を行うのが一つの手。すでに北條は、坂本が行う独自のティー打撃に取り組んでいるという。

 「プレースタイルとかかっこいいなと思ったり、テレビでティー(打撃)の仕方もやってたんで、そういうふうにやったり。『坂本流』みたいのを(テレビで)見て」

 この「坂本流」のティー打撃は、後方からトスされたボールを打つ練習のこと。昨年の野球部引退後、偶然テレビで見て自身の練習に取り入れた。単にまねるだけでなく、自身の欠点克服のためにも生きている。「このティーはインコースのさばき方、インコースは好きじゃないというか、自分は苦手なんで、それを克服するためにも」と、効果を口にした。

 坂本流での坂本超え。仲井監督はスピーチの中で「年末に坂本とたまたま会う機会があって、非常に線が細いイメージでいたんですが、見違えるような体になっていました。日々、厳しい練習を課しているからだと思います」と話していた。日々の鍛錬がいかに重要か。北條も明確な理想像があるからこそ、迷うことなく練習に取り組める。

 北條は壮行会の中で、集まった関係者を前に「甲子園で活躍できたのも皆さまのおかげだと思ってます。期待を裏切らないようにしっかり努力して、プロで活躍できるように、恩返しできるようにがんばります」と力強くスピーチ。勝負は1年目から。どん欲に上を目指し、ルーキーイヤーから坂本を上回るインパクトを残す覚悟だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス