文字サイズ

通過待ちで差し入れ、意外なあだ名も…運行終了の「鮮魚列車」元運転士が語る思い出

 日本で唯一残る行商専用列車だった近畿日本鉄道の「鮮魚列車」が13日、ラストランを終えました。半世紀にわたって、伊勢でとれた新鮮な魚介類を大阪まで届け続けた列車。その知られざる姿を、かつて車掌・運転士として乗務していた男性が語ってくれました。

 三重県の一岡浩司さん(58)。1980年に近鉄に入社し、83年から名張電車区の車掌、86年から運転士として、鮮魚列車やアーバンライナーなどに乗務。今は異例の転職をし、笠松競馬場の公認予想屋をしています。一方、鮮魚列車は「伊勢志摩魚行商組合連合会」の貸切列車として1963年に運行を始め、日曜祝日を除く毎日、宇治山田から上本町までを1往復運行し、新鮮な海の幸を届けてきました。

 -運転士さんや車掌さんにとってはどんな電車だったんですか?

 「車掌時代は正直、普通の電車より気が楽でしたよ(笑)。なんせ、切符を売らなくていいし、クレームもないですから。行商人は男性が大半で、魚が入った大きなカンカンや荷物をたくさん持ってね。上本町駅では通常一番奥まで入るんですが、鮮魚列車だけは市場に近いように随分手前に停車させていたんです。駅に着いたら、窓を開けて荷物を下ろす人もいましたね」

 -愛された電車だったんですか?

 「ええ、そうですねぇ。運転士の間では、88年にデビューしたアーバンライナーに引っ掛けて『フィッシュライナー』と呼んでたんです(笑)。鮮魚列車は朝5時ごろに宇治山田駅を出発して、ゆっくりゆっくり走る。特急待ちがあるんで。のんびり運転できるので、『明日は俺フィッシュライナーやわ』とか言って喜んでいましたね」

 -一番古い車両にも乗務されたご経験があるとか。

 「私が乗務していたのは初代と2代目だったと思います。初代は戦前の車両を改造して使っていて、かなり古いものでしたけれど上手に使っていたと思います。ただ、他の電車に比べてブレーキが効きにくくて…。下り勾配が続くと気を遣いました。トイレも無かったので、どうしても間に合わなければ連結部で…という人もいたのか、ホロが臭うことも。今では考えられませんが…昭和ですよね(笑)。でも誰も何も文句言わず、多少急制動でも『ごめん』と一言で済んでいましたね」

 -行商人の方々も昔はたくさん乗ってらしたんでしょうね。

 「私が経験した中では、入社したころはまだたくさんのお客さんがいました。1日100人ぐらいですかね。でも最後は10人ぐらいになった。気のいい人ばかりで、夕方の帰りの電車は一日の仕事を終えて帰るだけなので車内で一杯やってる人も寝てる人も。午後6時半ごろかな、榛原駅で15分ぐらい通過待ちをするんですが、その間にホームの後ろの方に呼ばれてお刺身やらスナック菓子やらもらったこともありました。『運転士さんも、ほれ』なんて。晩飯が入らんぐらい食べさせてもらったこともありました(笑)。昭和の最後らへんかな。本当に、今なら絶対に許されないでしょうが、そんなのどかな時代でした」

 一岡さんは、2004年からは特急の運転士になったため鮮魚列車の乗務からは外れ、その後、スカウト(!)され笠松競馬場の公認予想屋に転職。「大黒社」としてテレビなどにも出演しており、「せっかくの人生、やりたい仕事をやりたい、と思ってね」と笑います。

 退職後も朝、競馬場に行くときに、桔梗が丘駅で鮮魚列車が止まっているのをよく見かけていたとか。「桔梗が丘は停車駅なんやけど、ドア開けて0.1秒ぐらいで閉めるんです(笑)。それでも開けるのは一応、ルール上そうなっているから。でも乗務していた当時もその後も、降りる人も乗る人も見たことがない。ずっと昔の全盛期には乗り降りする人もいて、その名残だったのかもしれないですね」と話します。

 近鉄によると、14日からは一般車両の最後部に鮮魚運搬専用車両を連結して運行し、現在の鮮魚列車は「伊勢志摩お魚図鑑」というラッピング車両に生まれ変わるそうです。運行最終日の13日、ツイートにかつての鮮魚列車のスジ(鉄道運行図表)や停車駅などを記したカードの写真を投稿した一岡さんは「これで最後とは、寂しいね。自分にとっては乗りたかったし、乗るのが楽しかった列車だった。せっかくなら一緒に写真を撮っとけばよかったなあ」と名残を惜しんでいました。

(まいどなニュース・広畑 千春)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス