文字サイズ

「もう一度ピアノ弾きたい」事故で指先失った女性に届いた「奇跡の義指」…願い叶えた職人の技と思い

 「怪我で楽器をあきらめた全ての人に伝わって欲しい」-。仕事中の事故で指先を失いながら、シワも指紋も自分の指そっくりのシリコン樹脂製の「義指」と出会い、再び弾けるようになった女性のツイートが、話題になっています。指先には神経が集中しており、ケガで長く続けてきた仕事や趣味を諦めてしまう人も少なくありません。ツイートしたmatutika(@matutika36)さんにお話をお聞きしました。

 matutikaさんは今から6年ほど前、当時勤めていたお店のキッチン内で、お肉をミンチにする機械(ミートチョッパー)に巻き込まれました。診断は「左手中指末節骨損失」。完治には約半年かかり、指は1センチほど短くなり、爪も根元は残っていたものの骨が欠損しているため真っすぐは伸びず、丸みを帯びています。

 現在は日常生活に支障は無いものの、指の先が何かに接触するたび、骨が直接当たって痺れるような痛みが走り、中指を使うことはなくなりました。「普段は無意識に左手中指をかばっていますが、ふとした時にぶつかったり触れてしまったりすると今でもジーンと痛み、寒い日など季節の変わり目などは違和感も覚えることが多いですね」と言います。

 matutikaさんは5歳からピアノを始め、大学もピアノ専攻科に通い、社会人になっても趣味で弾き続けていました。ですがケガの後は痛みで弾けず、タッチの軽いキーボードに変えてみたり、中指を使わない方法で弾いてみたり試行錯誤していましたが、そのさ中に偶然「愛和義肢製作所」(東京都)で義指を制作した人のツイートを目にしました。

 「見た瞬間、『これをつければもしかしたら痛みなくピアノが弾けるかもしれない…』と思い、いてもたってもいられず、すぐに愛和義肢さんに問い合わせのメールを入れました。昨日のことのように覚えています」とmatutikaさん。

 一方、同製作所の代表で義肢装具士の林伸太郎さんは「実は、楽器の相談はピアノ、ギター、笛など多いんです」と話します。一人ひとりに合わせた義肢づくりにこだわる同製作所では「部分的な視野では『その人の指』は作れない。お顔を含めその方のお人柄を感じられるように」と全身のスナップ写真を撮影しており、matutikaさんも写真を撮影。右手中指を反転させたものをモデルに、3Dプリンタなどを使って成型し、ピアノを弾けるようシリコンの固さを調整。鍵盤の上で引っかからないよう表面にフッ素コーティングを施した後、スナップ写真やmatutikaさんの意見を参考に手作業で微修正を重ね、このほど完成させました。

 「それを初めて見た時、『これは、間違いなく私の指だ…!』と感極まりました。義指を使うのは初めてだったのですが、装着した時のフィット感も素晴らしかったですし、生まれてから誰よりも一番長く付き合ってきたはずなのに、愛和義肢さんの方が私の中指に詳しい気さえしました」と振り返ります。

 最初に弾いたのは、久石譲さんの「Friends」。高校生の頃、初めて「自分が弾きたい」と選んで先生に持っていった曲。初めての現代曲のレッスンに驚きつつ、「大好きな曲が弾けるようになった」という喜びが詰まった、思い出の一曲でした。

 「怪我をしてからの生活というのは、当たり前にあったはずのものが二度と戻らない、という喪失感だけでなく、あれもできない、これもできない、と受け入れざる現実にも直面します。もし事故直後に私があのツイートを見かけても、『義指』という現実(指がないということ)は受け入れきれなかったかもしれません。時間が経ってようやく今の自分を受け入れ、これならできる、こうすればできる、という考え方になり、そんな中あのツイートに出会えたのも奇跡だと思っています」と話します。

 「私と同じように悩み、苦しんでいる方がいるなら、こんな選択肢もあるんだよ!ということを発信したい一心で」投稿したmatutikaさんのツイートはこれまでに1.6万件のリツイートと4万いいねを集め、リプ欄には「すごい」「美しい手だ」という声のほか、同じように事故に遭った人から「元気が出ました。ありがとう」といったコメントも寄せられています。matutikaさんは「私自身も知らないことが沢山あり驚かされましたし、必要としている方に情報が届いたことは本当にうれしい。私がツイートを見て救われたのと同じように、私のツイートを見て誰か救われる方がいたら何よりですし、幸せの連鎖がもっと拡がりますように願っています」と話します。

 愛和義肢製作所の林さんは「現在の作業工程は先端機器と職人技術が融合したもの」といいます。機器の発展で、シワや指紋といった「その人の指の表情」まで再現できるようになり、左手の人差し指から親指を除く全ての指を再現したこともあるそう。ですが、「機械に頼るだけではご本人の指にはならない」と林さん。だからこそ、その人その人の思いを聞き、来し方を尋ね、もし音楽を続けたいなら、ギターは強度、笛は笛穴を完全に塞げるように指腹を柔らかく…など相談をして仕様を決めているといいます。

 matutikaさんは今もリハビリを兼ねて「Friends」を練習中といい「決して上手な方ではないので時間はかかりますが、一曲ずつ昔弾いた曲をじっくりさらっていこうと思います」とも。ライブ配信サービス「ツイキャス」で歌も配信しており、「私の指はこれまでも、これからも私の指であり続けます。だから『生まれ変わった』というよりは、『一緒に生きていくパートナーと出会った』という表現が近いかも。いつの日か自分の弾く鍵盤で歌もお届けできたら」と話してくれました。

 愛和義肢製作所 https://aiwa-gishi.jp/

(まいどなニュース・広畑 千春)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス