文字サイズ

「月300組以上」なぜ予約が殺到するのか? 「子の成長を実感」できるお絵描き造形教室

神戸市東灘区、阪急岡本駅近くのビル。1階で3~6歳の子どもたちとママやパパたち10組程が、雪だるま型の発泡スチロールに白い紙粘土を一緒に塗りつけている。やがて筆を使って紙コップを赤や青に塗り、どんぐりや松かさで飾ってかわいい雪だるまができ上がった。

夢中になって手を動かす子どもたちの中には、初めてハサミを持つ子も。見よう見まねで使えるようになった喜びの表情や真剣な表情が、あちこちで見られる。黙々と手を動かしていた男の子が終了後、「次も来たい」と一人で講師の元にやって来た。

ここは、神戸市内をはじめ大阪南部や姫路などの遠方から月300組以上の親子が集う『ハピネスキッズアート』。基本的に月1度の予約制で、1歳半から小学生が対象だ。月ごとに変わる1つのテーマに親子で取組み、作品を完成させる。

「SNSの写真を見て来られる方が多いです。絵具で全身カラフルになった笑顔の子どもの写真が、目を引くのでしょうか」というのは、一般社団法人Atelier happiness bird(アトリエハピネスバード)代表でキッズアートクリエイター&デザイナーの、もりもとさゆりさんだ。地域のイベントにも積極的に参加しており、それをきっかけに教室に通う親子も多いそう。口コミも多い。

構図や色使いを教える絵画教室と違い、ここは「こういうものを作る」と見本を見せ、あとは子どもの感性に任せる。同じ材料を使っても色やデザインが異なる作品は、世界に一つだけだ。「大切なのは違いを認め合うこと」というもりもとさんは「子どもはさまざまな素材に触れ、心で感じ、ママやパパと作品を作ることで自分らしさを確立する。自分らしさは、いわばその子の宝物。成長するにつれ進路に迷うことがあっても、自分の引き出しから宝物を取り出し、自信に変えて生き生き育って欲しい」と語る。

ママやパパは子どもが作るのを見て、どのような考えや想像を巡らせているかを理解できる。だから作品に愛着が湧くし、子の成長を実感する。夢中で手伝うママやパパもいて、リラックスした雰囲気の中、子どもも安心して取り組んでいる。

教室に来ていたママは「自宅でも、子どもがよくこの教室の話をする。来月も予約を入れる」。また別のママは「好きなテーマの月に予約する。体調を崩しやすい乳幼児がいるので、毎月通わなくても良いシステムは気が楽」と話す。

将来は音楽やミュージカルなどともコラボレーションして、表現する楽しみを広げていきたいというもりもとさんにとって、「親子の笑顔」が何よりの力になるという。デザイナーとしてキャリアをスタートした彼女は、ある産婦人科病院でお絵描き教室の講師を引き受けたことをきっかけに自宅で教室をオープンし、2016年に現在の教室を開いた。「子どもは可能性がいっぱい。精一杯子育てを楽しんで欲しい」と微笑む。

(まいどなニュース特約・國松 珠実)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス