文字サイズ

父亡き後の煩雑な手続き…新たな難敵は「遺族年金」 書類の記入項目は重複だらけ、抵抗を試みると…

父の葬儀を済ませ、遺産相続の手続き書類をゆうちょ銀行と信用組合へ提出した頃、母が独りで住むことになった市営住宅の名義変更手続きが発生。書類に次ぐ書類の山に辟易しながらも、やっとの思いで片づけた。これでもう書類から解放されると思っていたら、今度は遺族年金の請求手続きが待ち受けていた。

遺族年金を受給するにあって細かい条件が設定されているが、ここでは割愛する。要するに母は、遺族年金を受給できる条件を満たしていたということ。

いまは便利になったもので、どの手続きにどんな書類を用意すればいいのか、検索したらすぐに分かる。そして念のために、年金事務所に電話かけて確認してみると、遺産相続の手続きと同じく戸籍謄本は必須アイテムだった。それに加えて年金関連の書類も必要で、諸々合わせると内訳は次のとおりである。

■戸籍関連

戸籍謄本、住民票

■年金関連

年金手帳、年金証書

■その他

請求者名義の預金通帳、所得証明書、死亡診断書、認印

母の委任状も必要だった。たとえ家族でも「本人ではない人」が手続きをする場合は、その都度、委任状を求められるのがいちばん面倒だった。

これらの書類を引っ提げて、隣の区にある年金事務所を訪ねる。応対に出てきた女性スタッフがいうには、「遺族年金につきましては、後日こちらから請求のご案内をお出しするのですが、お急ぎでしょうか」。べつに急いではいない。でも、気になったので訊いてみた。

「その通知は、いつ届くのですか」

「死亡届が区役所で受理されてから3カ月くらいです」

「3カ月も!?」

未だにそんな機動性の悪い事務をやっているのかと呆れた。いまではコンビニにある端末からマイナンバーを入力すれば、戸籍謄本や住民票を取れるサービスがある。ということは個人番号(マイナンバー)で戸籍情報にアクセスできるということだ。そんな便利なシステムが、役所間の事務処理に活用されていないのか? 3カ月もかかる理由を尋ねてみたけれど、「んー、そうですね……」と言葉を濁すだけで明確に答えてもらえなかった。

窓口で吠えても仕方がないので、手続きを進めることにした。窓口で渡されたのは「年金請求書(国民年金・厚生年金保険遺族給付)〔遺族基礎年金・特例遺族年金・遺族厚生年金〕」という長い標題が付いた書類だった。二つ折り中綴じになっていて、表紙を除けば中身が9ページもある。

その中に1か所だけ、母がどうしても自ら名前を手書きしなければならない欄があった。そのため、手続きはこの日で完結することができず、いったん持ち帰ることになった。こちらが用意してきた書類を預かってもらい、その足で実家へ走る。

母は「手が震えて書かれへん」と渋ったが、本音は面倒臭がっているのが分かっている。念のために、年金事務所で「字は震えていてもいいです」と言質を取ってあるから、とにかく書いてもらう。

そのあと自宅へ戻ってから、あらためて書類を広げて考えた。この書類の記入欄は、いささか無駄が多いのではないか。

最初のページに父の氏名・生年月日・マイナンバー、母の氏名・生年月日・マイナンバーを記入する欄がある。3ページに母の年金コードを記入し、5ページにまた父の氏名・生年月日・住所・年金コードを記入する欄がある。明らかに重複していて、二度手間なのだ。さらに1ページと7ページにそれぞれ2カ所ずつ、母の名を書く欄があった。もっとも「請求者」「入金先の口座名義人」「生計同一関係」という名目に分かれてはいるけれど、ならば請求者と異なる場合にのみ記入すればよいことにできないのだろうか。同じページに同一人物の名前を2回も書かせる意味がよく分からない。

せめてフォーマットを整理して複写にしておけば、記入する手間を一度で済ませられるはず。書類のための書類にウンザリしてきた筆者は、たぶん無駄になることを承知で、ひとつ抵抗を試みることにした。

最初のページはすべて埋める。以降、内容が重複する欄は空欄にしておき「1ページ目に記載あり」「3ページ目に記載あり」と付箋を貼って提出したのである。案の定、窓口で「全部書いていただきたいのですが……」と指摘された。その言葉をきっかけに、こちらの主張を伝えるのだ。つまり、記入させる項目が重複していて無駄が多いこと。そして今後は改善を期待することなど。年金事務所の職員から見れば、たぶん面倒なクレーマーにしか見えないだろう。

高齢夫婦の二人暮らしでどちらかが先に亡くなった場合、遺族年金を請求するのは残されたほうの高齢者である。もしも手助けをしてくれる人が身近にいなかったら、こんなに面倒な手続きを自力でやりとおす体力と気力が続かず、心が折れてしまって手続きを諦めてしまうケースがないとはいえないだろうか。

正義感ぶるつもりはない。しかし、そんな疑念が脳裏をよぎったので、敢えて抵抗を試みたのだった。

(まいどなニュース特約・平藤 清刀)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス