文字サイズ

今からでも間に合うラグビー関連銘柄 テレビ観戦、バイト不足など鍵か

 開催中のラグビーワールドカップ(W杯)では予選リーグで日本が3連勝と波に乗り、国内でも急速に関心が高まっている。テレビの試合中継は当初の予想を上回る高い視聴率を集めているという。ラグビー中継の応援歌である嵐の「BRAVE」や、企業のラグビー部を巡るドラマの主題歌になった米津玄師「馬と鹿」は、いずれも販売が好調だ。大会組織委員会は経済効果を「4372億円」と試算したが、想定以上に膨らむ勢いだ。その恩恵を受ける上場企業の株価は、やはり上昇への期待が高まりやすい。

 すでに上昇しているのがビール株だ。ここにきてサッポロホールディングス(証券コード、2501)、アサヒグループホールディングス(2502)は年初来高値を更新する展開だ。試合でのラグビーファンのビール消費量はサッカーの試合の6倍が通り相場、前回2015大会でのビール消費量はスタジアムとファンゾーンを合わせて190万リットル(350ミリリットル缶で540万個相当)だった。キリンホールディングス(2503)が製造する公式スポンサー「ハイネケン」のビールだけでは、とうてい間に合わないだろうというわけだ。

 ビールを提供する店も上値を試す展開だ。特に英国風のパブチェーンを展開するハブ(3030)の上げが目立つ。日本人客だけでなく英国からの訪日観戦客も立ち寄り、盛り上がるだろうとの見立てだ。日本代表チームのジャージや応援用レプリカジャージを子会社が手がけるゴールドウイン(8111)も好調な値動きになっている。応援用レプリカは紅白の「桜ジャージ」が常に品薄状態という。交通誘導やイベント警備を手がける共栄セキュリティーサービス(7058)も高い。

 とはいえ先に上昇した銘柄には、いまさら手を出しづらいと思うかもしれない。さらに上昇するかは微妙だし、既に上昇の余地が小さくなっているのではないか、と考えるのが普通だ。では、まだ動いていないラグビー関連株とは何だろうか。考えられるのは2種類。1つはW杯が始まって予想外の動きになっているもの。もう1つは、ラグビー人気が定着した場合に、恩恵を受けるだろうと思われる銘柄だ。

 各種の報道などで「バイト不足と駐車場の値上がり」がW杯の開幕以降に顕在化したと指摘されている。警備会社は恩恵を受けると思われたが、アルバイトの警備要員が想定通りに集まらず、バイト代を引き上げる方向になっているのだという。だとすると恩恵を受けるのは警備会社ではなく、人材募集広告と考えられる。「タウンワーク」のリクルートホールディングス(6098)、「an」のパーソルホールディングス(2181)、「バイトル」のディップ(2379)などが当てはまりそうだ。

 ラグビー観戦はビールを飲むのに大丈夫かと余計な心配もしてしまうが、駐車場の料金が値上がりしているのは、ラグビー場は「駅前」というケースが野球場などに比べて少ないという事情があるようだ。相対的に割安な駐車場のシェアリングサービスで価格が急上昇しているという。となるとコインパーキングのパーク24(4666)や、月極め以外に時間貸しも手がける日本駐車場開発(2353)などの利用も、増えている可能性がある。

 一方、ラグビー人気が続けば恩恵を受ける銘柄の筆頭格は、やはりスカパーJSATホールディングス(9412)だろう。傘下のチャンネルである「J SPORTS(ジェイ・スポーツ)」では、今回のラグビーW杯日本大会の試合を放送しているだけでなく、普段から世界のラグビーを中継している。海外のサッカーファンが増えた際と同様に、ニュージーランド代表など強豪の国際試合や、英仏などのプロリーグの試合を見たいとなれば、加入者は増えそうだ。

 ラグビーに特徴的な施設といえばラグビーゴールだ。ルール上は幅5.6メートル、高さ3.4メートル以上ということになっているが、国際的な試合では17メートル程度と高いゴールを使う。ラグビーの競技人口が増えれば、学校や公園で整備も進むだろう。主要なスタジアムに納入しているのは非上場の会社が目立つが、上場会社関連では昭和電工(4004)傘下の昭和電工アルミ販売が、旗のポール、野球場のファウルポールとともにラグビーゴールを扱っている。

 ファンゾーンのパブリックビューイングに多くの観客を集めたというのも今回の大会の特徴だろう。ずいぶん定着してきたが、今後さらに屋外のパブリックビューイングが盛んになるのだとすれば、ヒビノ(2469)が恩恵を受けそうだ。200インチといった大型のディスプレーを自動車に搭載し、素早くパブリックビューイングのための画面と音響設備を組み立てるノウハウを持つ。スポーツ大会の人気が高まれば、サービスを提供する機会が増える公算だ。

 規律や自己犠牲の精神は日本人のマインドを刺激しやすく、ラグビーは日本では人気スポーツになりやすいという見方もあるそうだ。ただW杯での優勝を機に女子サッカー「なでしこリーグ」が盛り上がった経緯を振り返っても、やはりラグビー人気の長続きには、日本代表の好成績は欠かせない。こんなことを言うのは無粋の極みかもしれないが、それでも日本経済のために、がんばれニッポン。

(経済ジャーナリスト・山本 学)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス