文字サイズ

フェンスに鈴なりでアピールするアナグマたち「圧がすご過ぎる」と話題

 期待を込めて、じっとこちらを見つめる目、目、目…。その視線にあなたは耐えられるだろうか-。といっても、その主は人間ではなく、岩手県の盛岡市動物公園のアナグマ(ニホンアナグマ)たち。飼育員の気配を察するや否や、まだエサの時間まで1時間以上あるのにフェンスによじ登り、体を寄せ合い無言で訴えかけてくる動画がSNS上で「かわいすぎる」と話題を呼んでいる。

 同公園は小高い丘陵地にあり、自然を生かした約37.2ヘクタールの敷地内には小川や芝生広場、林もあり、日本の動物やゾウ、カンガルーなど約100種約700点の動物を飼育している。

 ニホンアナグマは、本州・四国・九州の森林地帯に生息するイタチ科の動物で、鋭い爪のある前脚で地面を掘り、地中に巣を作る。雑食性で「同じ穴の狢(むじな)」の狢はアナグマを指す地域も多く、性格は温厚で、エサに夢中になっていると人間が近づいても気付かないこともあるらしい。九州では害獣とされる地域もあるが、開発で生息数が減っている地域も少なくない。

 …と、うんちくはこれぐらいにして、今回、動画を撮影したのは同公園のスタッフ。どうやら野生のアナグマは木登りが得意ではないようだが、飼育係兼広報の松村亜裕子さんによると、この猛烈なアピールの始まりは5年ほど前にさかのぼるという。

 松村さん「当時いたオス2頭とメス2頭のうち、オスだけが登り始めたんです。メスの方は『何やってんだろう』ぐらいに冷めた感じだったんですが、いつの間にか一緒に登るようになって…。その後生まれた子どもや保護したアナグマも次々に登るようになり、9頭という大所帯になった1、2年前からは鈴なりになってしまいました笑」

 -他の動物はしないんですか?

 「みんな夕方にかけてお腹はすいてきますし、カワウソなども集まっては来るんですが、普通は部屋でエサをやるので、部屋の入口前で待っています。アナグマも部屋食なのに、なぜかあの子たちだけフェンスを登って、ひときわ激しいという…。もう視線が痛いです」

 -それだけ飼育員さんになついているっていうことですよね。すごい愛!

 「それが…。あの子たちは担当じゃなくても誰でもいいんです。当園は山を利用していて敷地にアップダウンがあるので職員は移動にミニバイクを使うんですが、その音を聞きつけてわらわらと集まって来るんです。人は全く把握してないんです」

 と、悲しい結末だったが、動画をツイッターに投稿した今月4日以降、240万回以上再生され、テレビでも取り上げられるなど同公園のPRに大いに貢献した。ちなみに毎日午後3時ごろからこの光景が頻発するそうだ。

 そうそう、こんなに食いしん坊のアナグマたちだが、今夏、同公園で実ったゴーヤーに対してどう反応するか企画したところ、「誰一頭として匂いを嗅ぎにも来ず、食べ物認定してくれませんでした…」(松村さん)という。ちなみにポニー、アフリカゾウ、アメリカバイソン、カンガルーは「匂いを嗅いだが食べなかった」、カピパラは「かじって吐き出した」、ツキノワグマ「かじったけど残した」で、ニホンイノシシとニホンザルは食べたそう。なんだか…うなずけます。

(まいどなニュース・広畑 千春)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス