文字サイズ

「残酷」を名乗るマラソン大会、全く残酷ではない説 兵庫の名物大会ルポ

 全長24km、高低差408mという山間を走る険しいコースゆえ、「残酷」を自称するマラソン大会が、兵庫県北部の香美町小代(おじろ)区で毎年6月に開かれている。その名も「みかた残酷マラソン全国大会」。山に囲まれた人口2千人の集落に、この日は全国から3千人ものランナーがわざわざ苦しい思いを味わうために押し寄せる。聞けば、「残酷」という言葉とは裏腹に、住民のもてなしが最高に温かく、コースがどんなにしんどくても病みつきになるのだとか。フルマラソンの完走経験2回、10km部門完走1回という微妙なランニング経歴を持つ記者が挑戦してみた。

 香美町小代区は、神戸や大阪から車で概ね2時間半。周囲は見渡す限り山、山、山の長閑な町で、区内にコンビニは1軒もない。「日本で最も美しい村」連合に兵庫県で唯一加盟しているほか、神戸ビーフの元となる但馬牛の聖地として知る人ぞ知る地域でもある。大会は今年で27回目。コースは山道や各集落を縫うように設けられており、厳しい傾斜とうねりが特徴だ。

 午前9時、中学校裏の細い町道を埋め尽くしたランナーが一斉にスタート。沿道では住民たちが「行ってらっしゃい」と笑顔で手を振り、ずらりと並んだ地元の中高生たちもハイタッチで見送ってくれるので、「来てよかった…」と早くも胸が熱くなってしまった。ありがとうございます!

 だが平坦な道はすぐに終わり、無情にも先の見えない山の中へ。てき面に足が重くなる。「こんなもん、人間が走る傾斜ちゃうやろ!」と俯いて歩き始めるランナーが続出。なるほどこれが残酷か、と感心し始めた頃、上の方から歌手高石ともやさんの歌声が聞こえてきた。

 高石さんは国内外の大会に出場するランナーとしても知られ、残酷マラソンには毎年ゲストとして前夜祭から登場。本番では急峻な山道の途中に待機し、ランナーを歌で励ましているのだ。ありがとうございます!

 高石さんの後押しもあって、頂上付近の正気を疑うような急斜面もどうにかクリア。すると視界がパカーンと開け、眼下にランナーたちが小さく見えた。「頑張って!」。標高604.7mのキャンプ場、こんな場所にも地元の人たちが給水所を設けて応援してくれている。ありがとうございます!

 下りで面白かったのは、本当に家々の間を縫うように走るコース。それぞれの家の前では住民が椅子を出して応援してくれており、距離感が非常に近いのが印象的だった。ようやく山を下り切った、と胸をなで下ろしたのも束の間、コースはまた無情にも、向かいにそびえる別の山の中へ…。絶望する私たちを励ましてくれたのは、やはり地元の人たちの温かい声援だった。山の入口を風船で飾りつけた気遣いにエネルギーをもらい、足を引きずりながらどうにか踏破することができた。ありがとうございます!

 無意識のうちに何度も感謝の言葉を綴ってしまうほど、大会はピースフルな空気が満ちていた。ゴール会場で振る舞われたのは、そうめんとトマト。…そうめんとトマトて!と一瞬思ってしまうのだが、ズタボロの体にはこの素朴な味わいが最高に沁みた。ありがとうございます!

 確かにコースは残酷なほどにきついが、雰囲気は最高。もちろん、来年も出場したいと思います。リピーター率が7割を超えているのも納得の素敵な大会でした。感謝です!(まいどなニュース・黒川裕生)

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス