文字サイズ

猫のプライバシーや占有権 性差は? 「動物写真家」岩合光昭氏が明かす“本性”とは

 動物写真家・岩合光昭氏(68)が、6月30日まで開催中の「岩合光昭写真展 ねこづくし」(川崎市市民ミュージアム)でトークイベントを行い、猫の本性について考察した。その中から印象に残った5点をまとめた。

 (1)猫と占有権

 冒頭で岩合氏のプロフィール写真がスクリーンに投影された。日なたぼっこする猫の集団の中、同氏はカメラを手に寝そべっている。斜面の道に座っていると、その後から猫が集まってきたという。

 「猫は『占有権』を認めるんです。最初からそこにいる者を優先する。僕を嫌がったり、避けたりもせず、一緒に寝そべってくれました」と岩合氏。“猫の憲法”では相手が人間であっても、占有権は平等にあるようだ。

 (2)猫とプライバシー

 香川県仲多度郡の佐柳島。海に面した防波堤の上で6匹の猫が適度な距離を保ちながら、陽光を浴びてまどろんでいる。絶妙の距離感は何なのだろう。

 「猫はプライバシーを大切にする動物。体が触れると“猫パンチ”が飛んで来るので、全部の猫がパンチの当たらない間隔をあけていました」。一緒に群れる時もあるのだが、平穏な時は干渉されない「個」を優先する。

 (3)猫と木登り

 木登りする猫を茨城県笠間市で撮影した。「猫は木に登ります。でも映画に出る動物プロダクションの猫は最初のうちは木に登れなかった。ずっと家で暮らしているので登れない。魚を食べてくれなかったりもしました」

 映画とは、岩合氏が初監督した「ねことじいちゃん」。落語家の立川志の輔が映画初主演し、柴咲コウ、小林薫、田中裕子らが脇を固めた今年2月公開の作品。猫が木に登る訓練や魚を食べる練習を繰り返したという。

(4)猫版「男と女」

 宮城県石巻市の網地島で、係船柱の上に鎮座する猫はオスだ。

 「オスは繁殖期にメスにアピールするため、目立つ所にいる。感情を表し、被写体としての動きの面白さはオスが多い。なぜかというとヒマだからです。いろんなことをしてくれる。メスは子供の世話や身の回りのことに注意しているので、イージーにカメラを向けても反応が少ない。メスの感情を引き出すには、密着取材してオスの3倍くらい時間がかかる」。猫の個性を引き出す岩合氏は「ズバリ、タレント探しです」という。オスのケンカはあっさり終わるが、メス同士のケンカは後を引くとのこと。

 (5)猫と人の営み

 愛媛県大洲市の青島で、猫の集団を上から撮った1枚がある。数えると37匹。青島は人口約15人に対し、猫が100匹以上もいるという。猫好きの島民が船着場にまいたキャットフードを食べに集まった場面を俯瞰した。

 「猫は群れになった時、メスを真ん中にしてオスが取り囲みます。子猫がいれば、子供が真ん中になる。猫科で群れるのは家猫とライオンだけ。猫を見て、人の営みが見える。オスがいて、メスがいて、そこに家庭や社会があって、ムラや、もっと大げさに言えばクニまで見えてくる」

 200点以上の作品は、“十猫十色”の世界にあふれている。(デイリースポーツ・北村泰介)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス