文字サイズ

しとしと雨が降る夜更け…ダンボール箱の中から助けを求めていた茶トラの子猫

 乗用車やトラックがひっきりなしに通る大きな幹線道路。その端っこにダンボール箱に入れられた子猫がいた。偶然にも、そこを通りかかった奥田さんの長男が、だんごくんをみつけた。

【幹線道路のすぐそばに捨てられていた茶トラの子猫】

 大阪に住む奥田さんの長男は、8年前の5月8日、雨がしとしと降っている夜、1匹の子猫を保護した。

 「息子が、DVDのレンタルショップに行くために、いつもは通らない道を通ったら、子猫がニャーニャー鳴く声がしたそうです。声の主を探すと、車がひっきりなしに通る幹線道路のすぐそばにダンボール箱が置いてあり、中に子猫がいたそうです」

 歩道ではなく、車道のすぐそばなので、いつひかれてもおかしくない状況だったという。「おいで~」と手を差し出すとすぐに寄ってきたので、そのまま保護したという。

 「実は、当時15歳の息子は、以前から猫を飼いたいと言っていて、よくペットショップに猫を見に行っていたんです。この日は、いつもと違う道を通ったら、偶然子猫に出会ったというのですから、運命だったのでしょうか」

 長男は、子猫がまん丸の目をして丸くなっていたから、「だんご」という名前にした。

 「だんごは、保護当時生後1カ月くらい。すごく人懐っこい子で、よく息子の枕元で丸まっていました。たぶん、誰かに飼われていたんだと思います。翌日、動物病院に連れて行ったのですが、何か体に悪いものを食べていたようで、しばらく下痢をしていました」

【もうペットは飼わないと決めていたけれど】

 奥田さんは、実家にいる時に猫を2匹、犬を1匹飼っていたことがあった。なかでも1匹の猫は、一緒に成長してきた感じだったという。

 「主に世話をしていたのは母だったのですが、私もペットロスになってしまって、職場で仕事をしていても涙があふれてきました。私にとって、動物はペットではなく家族なんです。いつもそばにいたペットがいない。心にぽっかり穴が空いたようでした。その時のロスがきつかったので、結婚しても二度とペットは飼わないと思っていたんです」

 ところが、長男が連れ帰った茶トラの子猫を見たら、そんな気持ちは一気に吹き飛んでしまったという。「保護した翌日、動物病院に健診に連れて行った時に、里親の募集の仕方なども伺ったのですが、いつしか自分で飼うと決めていました」

【だんごくんは、家族のパワースポット】

 だんごくんが大好きな奥田さん。ついついベタベタしたくて、だんごくんを追いかけてしまう。

 「いつもどこにいるのか把握していないと気がすまないんです。押入れの中に入っているだけで、心配になって。そのせいか、長男や長女には甘えるのに、私がだんごを抱っこしようとしても、サッと逃げてしまうんです」

 それでも、奥田さんにとってだんごくんは、いっぱい癒やしてくれる「パワースポット」。仕事から帰る時も、大急ぎで帰るのだという。(まいどなニュース特約・渡辺陽)

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス