文字サイズ

なぜ日本人にウケるのか?大阪で開催中のフェルメール展が大人気

開催すれば間違いなく成功するというフェルメール展。写真の作品は「手紙を書く少女」
開催すれば間違いなく成功するというフェルメール展
開催すれば間違いなく成功するというフェルメール展。写真の作品は「取り持ち女」
3枚3枚

 2月16日に大阪市立美術館で始まった「フェルメール展」は2カ月間で入場者数26万人を突破した。今回は西日本では過去最多の6作品が展示され、その中には日本初上陸となるスキャンダラスでミステリアスな作品「取り持ち女」もある。開催すれば、間違いなく成功するというフェルメール展。“光の魔術師”が日本人にここまで受ける理由は何なのだろう。

 そもそも、フェルメールが日本で大ブレークするきっかけとなったのが、今回と同じ大阪市立美術館で2000年に開催された「フェルメールとその時代展」だった。この時は5作品が展示され、60万人を動員した。

 作品の内訳は「真珠の耳飾りの少女」「聖プラクセディス」「リュートを調弦する女」「地理学者」「天秤を持つ女」。特に青いターバンを巻いた「真珠の耳飾りの少女」が強烈なインパクトを残した。大阪での開催は、それ以来、実に19年ぶりとなる。

 ヨハネス・フェルメールは1632年にオランダ・デルフト生まれ。若くして才能を発揮し、手紙を書く少女、室内で語り合う男女など穏やかな光に包まれた静謐な日常を描いた作品が多い。当時パトロンにも恵まれた人気の画家だったが、43歳で他界。一時は忘れ去られていたものの、19世紀半ばに再認識され、1990年代からは世界的に人気を集めるようになった。

 フェルメール人気の秘密のひとつは、その希少性だ。寡作だったことから現存する作品がわずか35点前後。主催者側の話によると「ただでさえ作品が少ないのに、それらが欧米の美術館のあちこちに散らばっている。実際、作品を旅して回る巡礼ツアーもあるそうです」とのこと。「しかも、それぞれの美術館は作品を出したがらないし、同時期に借りるのは難しい。今回のように大阪に同時に6点来るのは次あるかどうか」と言う。

 今回、海を渡って来た作品は「取り持ち女」「マルタとマリアの家のキリスト」「手紙を書く女」「手紙を書く夫人と召使い」「リュートを調弦する女」「恋文」。なかでも注目はやはり日本初上陸の「取り持ち女」だ。娼家を舞台に、猥雑でどこかスキャンダラス。しかも光の加減で意味深な印象を与える作品だ。担当者は「大阪の前に開催された東京でも展示は1カ月だけ。ドレスデンの美術館では門外不出だったようです」と言う。なお「手紙を書く女」「マルタとマリアの家のキリスト」「手紙を書く夫人と召使い」も大阪初上陸だ。

 さらにうれしいのが女優・石原さとみが音声ガイドのナビゲーターを務めているところ。「日常をうまく描いており、今でいうSNSのような面もある」など、うなずける解説がいい。

 期間は5月12日まで。GW中は多くの来場者が予想されるため、4月27日以降の開館時間を1時間早めて対応。この期間は、午前8時30分から午後5時までとなる。この機会に“光の魔術師”と称される繊細なタッチの作品を鑑賞してみるのはいかがだろう。日本人に愛される理由がみえてくるかもしれない。(まいどなニュース特約・山本智行)

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス