文字サイズ

なぜ学校の予定は月初めに出るのか 共働き家庭を悩ませる学校の事情

 なぜ学校の予定は早く分からないのか(jaimax/stock.adobe.com)
1枚拡大

 今年も多くの新1年生が誕生した4月。でも、会社員のレイコさん(仮名)は入学式の日に担任から配られたプリントに目を疑いました。翌週には学級懇談会や家庭訪問の予定(当然、平日の昼間)が。「こんな急に仕事を休めないし、夫は『無理』と即答。入学前でもホームページなどで伝えてほしい」と頭を抱えます。別の学校では10連休の初日に授業参観とPTA総会があり、保護者からは「旅行の計画をしていたらどうなったのか…」との戸惑いの声が上がったそうです。

 この問題、どうやら一部の自治体や学校だけでないようで、SNS上では毎年、年度初めになると働く母親らから「お便りもらって3日後に懇談会とかありえない」などの不満が続々。そもそも、学校では1カ月の予定は月初めか前月末に配られるプリントで初めて知らされることがほとんど。共働き家庭も増えるこのご時世、せめてパートなどのシフトを組む前月の中旬ぐらいまでに伝えることはできないの? 神戸市教育委員会の担当者に、学校側の事情を聞いてみました。

 -まず学校の予定の伝え方を教えてください。

 「学校によって違いはありますが、その月の月初めか前月末に毎月1回お便りを出してお知らせするのが定例です。ただ、運動会や修学旅行など主な行事で日程が分かっているものは、年度初めにまとめてお知らせしたり、1カ月の行事予定の備考欄に翌月分を記載したりしています」

 -共働き家庭も増え、特に保護者参加の行事は「早く教えて」という声もあります。

 「ごもっともです。ですが、校長以下、教員の異動やクラス替えもあり、前年度から調整していても実際に決まるのは新年度になってから、ということは多い。特に4、5月は事前にお伝えするのが非常に難しいんです。さらに今年は10連休で各校とも行事設定に苦労した面もあるかと。2、3学期であれば比較的予定が見通しやすいんですが…」

 -家庭訪問の日に「仕事が休めない」場合はどうなるのでしょう。

 「この時期に家庭訪問をすべきかどうかも検討課題ではあるんですが、目的の一つは児童生徒の自宅周辺の様子を確認すること。どうしても都合がつかなければ期間外でも別の日に改めて保護者からお話を聞くなど、学校ごとに対応しています」

 「また、担任や学校に直接聞いていただければ、その時点で分かっている日程はお伝えできると思います。ただ、あくまで予定なので、変更の可能性もあります。『もっと早く』というお声がもっと上がってくれば、お伝えの仕方も変わっていくかもしれません」

 学校と保護者は、子どもの教育という“仕事”の大切なパートナー。先生も働き方改革の時代、お互い無理なくできるよう、意見を出し合うことが大切なようです。

(まいどなニュース・広畑千春)

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス