文字サイズ

猫派だった女性が保護犬を迎えた理由 心臓病を抱えたバークレーとの出会い

取材中、バークレーはAさん(左)のもとを離れようとしなかった
Aさんのそばでくつろぐ
ケージの中で休むバークレー
Aさんの様子を気にするバークレー
車の中も慣れた様子
ヒーターの前でウトウトするバークレー
6枚6枚

 ペットを迎えて生活が変わった!という人は少なくないでしょう。奈良県生駒市に住む40代の女性Aさんもその一人。保護犬を迎えるために仕事の勤務時間を調整し、一軒家まで購入したというから驚きです。ずっと猫派だったAさんが、なぜそこまで…?

 Aさんと愛犬・バークレーの出会いは昨年8月4日。「ピースワンコ・ジャパン生駒譲渡センター」でのボランティア初日でした。動物好きではあったものの、犬の飼育経験はなし。実家で飼っていたのも猫で、「自分が犬を飼うとは思っていませんでした。“猫派”で通っていたので、家族も職場の人も驚いています」。Aさんはバークレーにやさしい視線を向けながら、そう言って微笑みます。

 最初は「飼うつもりのない私が行くのは…」と譲渡センターに行くのをためらったそうですが、紹介してくれた人に背中を押され見学に行ってみると、「犬がかわいくて、また会いたくなったんです。それでボランティアをしてみようかなと」。すっかり犬に魅了されたAさんは、週1回から多いときは5回もボランティアに通うようになりました。

 バークレーは少し頑固で気難しい性格。初めの頃は「どうぞお構いなく」というオーラを出していたそうです。でも、自分に愛情を注いでくれるAさんに次第に心を開くようになり、Aさんもいつしか引き取りを考えるようになりました。

 ただ、当時のバークレーは推定9歳。しかも「僧帽弁閉鎖不全症」という心臓病を抱えていました。継続的な治療や投薬が必要な犬は敬遠されがちです。譲渡センターにはほかにも複数の保護犬がいたはずなのに、なぜバークレーを選んだのでしょうか。

 「私は一人暮らしで働いているので、仔犬を育てるのは難しい。しかも犬を飼うのは初めてですから、性格がある程度、固まっている成犬のほうがいいんじゃないかと思ったんです。年齢的にお別れが早く来るのかなとは思いましたが、病気のことは気になりませんでした」

 広い心でバークレーを迎えようとしていたAさん。しかし、大きな問題がありました。ペット不可の公団に住んでいたのです。Aさんは家探しを始めます。最初は賃貸の戸建てを探していたそうですが、実家から程近いところに売り家を見つけ、「賃貸だと何かの事情で契約を切られたときバークレーと路頭に迷ってしまう」と購入を決意。仕事も7~16時勤務にしてもらい、夕方以降はバークレーと一緒に過ごせるようにしました。「いろいろ考えて行動に移せないタイプだったのに、なぜか今回は…。気が付いたらバークレーと暮らしていました」。正式に引き取ったのは2月4日。「出会って半年記念日」でした。

 もともとは広島県動物愛護センターからピースワンコ・ジャパンに引き取られた元保護犬。人に飼われていたようで、最初から上手にお散歩できたと言います。広島時代に一度声が掛かり、トライアルまで進んだもののまとまらず。他の譲渡センターを経て生駒に来た経緯がありました。きっとAさんとの出会いは必然だったのでしょう。

 「ボランティアをしたことで犬の個性がよく分かりましたし、バークレーにすれば知っている人と暮らすのでストレスが少なかったと思います。可能であれば、ボランティアをして距離を縮めてから引き取ることをおすすめしますね」

 取材中、バークレーはAさんが立ち上がるとついて行き、座ると横でまったり。その姿はまるで大切な人を守る“ナイト”のようでした。人間でいえば50歳を過ぎたバークレーにとって、Aさんは“お母さん”ではなく“恋人”なのかもしれません。(神戸新聞特約記者・岡部充代)

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス