文字サイズ

九州温泉ねこめぐり第9回 鹿児島「妙見温泉ねむ」オッドアイの“入り猫”ユキ

 “猫密度日本一の温泉街かも”と言われている鹿児島県霧島市の妙見温泉。同温泉振興会会長で、宿泊施設「妙見温泉ねむ」支配人の只野公康さん(56)によると、「温泉街では7施設で計17匹の猫が飼われている」という。この2月にリニューアルオープンした同館では、長毛でオッドアイ(左右の目の色が違うこと)の「ユキ」(オス、推定6歳)が訪れる人たちの間で人気急上昇中だ。

 「妙見温泉ねむ」(旧妙見ホテル)は、2月9日にリニューアルオープンしたばかり。本連載第7回で紹介した「妙見石原荘」の関連施設だ。泉質はナトリウム・カルシウム・マグネシウム炭酸水素塩泉。石原荘と同じく、熱交換器を用いて自噴する源泉を加水も貯槽もせず浴槽まで引いており、100%源泉そのままの新鮮なお湯が自慢だ。

 ユキが現れたのは2018年2月初旬。夜になると同館周辺は暗く、ユキはロビーから漏れる灯りに救いを求めたのかもしれない。「薄汚れ、痩せこけて、行き倒れ寸前で玄関先に横たわっていたんです。けんかしたのか、左後脚の爪が1本めくれ、尻尾にもけがを負っていました」

 お客が出入りするとびっこをひきながら少し離れたところまで退散し、遠目にロビーを眺めていた。翌日、宿泊していた家族連れの女性が、そんなユキの姿を見て、只野さんにこう言った。

 「この子は入り猫だよ。きっと福を呼んでくれるはず」。「入り猫」とは「猫が家に入ってくるのは縁起がいい」ということを意味する。女性は続けた。「商売をやっている所に猫が入ってくることなんてめったにない。だからみんな代わりに招き猫の置物を置くのよ。本物の猫がこうしてやってきてくれたんだから、ぞんざいに扱っちゃだめよ」

 その夜、鹿児島では珍しく雪が降った。猫を館内に入れたり、飼ったりするにはオーナーの許可が必要になる。勝手なことはできず、只野さんは寒くないようにと玄関前にダンボール箱を置き、その中で休ませてあげるのが精一杯だった。その女性はセーターをその箱の中に入れ、「ここでずっと飼ってもらいなさいね」と語りかけた。ちょうど雪の日だったので「ユキ」と呼ぶようになった。

 小さいころから猫好きだった只野さん。だが、20歳のころ悲しい体験をして以来、「ずっと猫を飼いたかったが、その時の記憶が心にひっかかり、踏ん切りがつかずにこれまで生きてきた」という。

 「20歳のころ、寿司屋で配達の仕事をしていました。ある日の配達の途中、子どもたちが子猫にホースで水を浴びせているのを目撃したんです。その時はわからなかったのですが、夕方、器を回収するため再びそこを通ったら、その子猫がぐったりしていて…いじめられていたんだなと。すぐ病院へ連れていくと、先生いわく『耳に水がいっぱい入っている』とのこと。手術をしてもらい、私が飼うことになったんですけど、結局よくならず、半年後に亡くなってしまったんです」

 「ジュリー」と名付けた幼いメスの黒猫。「その子の命を助けてあげられなかったことがずっと心残りで…」(只野さん)

 ユキを見た時、まず頭をよぎったのはジュリーのことだった。「今度は死なせるわけにはいかない。まずはけがを治すのが先決だ」と、只野さんは近くの動物病院へユキを連れていった。

 訪れた動物病院は初めてで、応対した獣医師の男性とは初対面だった。カルテの只野という名字を見て、獣医師は「鹿児島では珍しいですね。北海道とかのご出身では?」と尋ねた。実は只野さんは北海道出身。獣医師は「私も北海道の大学出身で、学生の頃、牧場で実習をしていて、そこの経営者にはよくお世話になったんです」と懐かしそうに話した。

 それを聞いて只野さんは驚いた。というのも、獣医師が「世話になった牧場の経営者」というのは、偶然にも只野さんの父親の兄(伯父)だったのだ。そして、伯父はそのちょうど1週間前に亡くなったばかりだった。

 「不思議なご縁って本当にあるんですね、と話をしました。伯父が先生とこの子と私を引き合わせてくれたのかもしれません」(只野さん)

 ユキはその後、オーナーからの許可が無事におり、同館で飼えることに。けがは次第によくなり、ロビー内を走り回るほど元気になった。グレーに汚れていた身体も真っ白で美しい毛並みになった。

 ユキの目は右が金色、左が青色のオッドアイ。その神秘的な瞳と凛々しい姿が宿泊者の間で評判になり、今ではアイドル的存在だ。猫が嫌いな人には近づかないが、猫好きな人はちゃんとわかっていて、お腹を見せてゴロンし、「もっとなでて」とアピールする。「最近、やっとお客さんへの接待の仕方がわかってきたようです(笑)」(只野さん)

 同館では現在、「第1回妙見温泉ねこ写真展」(2月2日~28日)が開催されている。猫写真家7人が妙見温泉の看板猫たちの魅力を撮り下ろし、約100点を展示。「猫が縁で全国から大勢の方々に集まって頂き、盛況を博しています。温泉と猫好きの人たちとの交流の輪を、これからも広げていきたい」と只野さん。「入り猫は福を呼ぶ」との予言通り、ユキはこれからも温泉街に幸運を運んでくれるにちがいない。(デイリースポーツ特約記者 西松宏)*「妙見温泉ねむ」鹿児島県霧島市隼人町嘉例川4386 電話0995・77・2201

関連ニュース

    >

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス