文字サイズ

九州温泉ねこめぐり第3回 熊本・黒川温泉「山みず木」の客招く人気看板猫・弁慶

 熊本県阿蘇郡南小国町にある黒川温泉。中心部から幅の狭い山道を2キロほどいくと、山あいの宿 「山みず木」にたどり着く。同旅館の敷地内にある茶房「井野家」では、店主の中嶋一博さん(63)、慶子さん(57)夫妻が飼うキジ白の弁慶(オス、推定16歳)が、露天風呂にやってくる人たちを癒やしている。

 黒川温泉には、単純泉、炭酸水素塩泉、硫黄泉など7つの泉質が点在。宿ごとに違う泉質を好みで選び、湯めぐりを楽しめるのが魅力だ。「黒川温泉入湯手形」(1枚1300円、有効期限半年)を購入すれば、旅館25カ所と入浴施設2カ所のうち、3カ所の露天風呂に入浴できる。中でも、渓流沿いにある同旅館の露天風呂「幽谷の湯」(男性用)と「森の湯」(女性用)は人気で、日帰り入浴客が絶えない。

 旅館から少し離れたところにある茶房「井野家」は、それら露天風呂の受付窓口も兼ねている。8月初旬に訪れた時、弁慶は店前の涼しい木陰で、ゴトゴト回る水車と小川のせせらぎを聞きながらウトウトしていた。冬場は暖房のきいた店内のコーヒー樽の上がお気に入りという。

 一博さんは「ここで弁慶と触れあったのがきっかけで、旅館に宿泊するようになったり、宿泊客が弁慶と出会ったことで常連さんになられたり。そんな方々がたくさんいるんですよ」と自慢げに話す。

 弁慶がこの店にやってきたのは15年前の春。「ある日、裏の塀の向こうに、ひょっこりと座っていたんです。最初は野良猫だと思って取り合わなかったのですが、何度もやってくるので、餌をあげはじめたら、情がわいてしまって…」(慶子さん)

 ところが、慶子さんが保護しようと思った矢先、弁慶は行方をくらませてしまう。戻ってきたのはその5日後だった。何があったかわからないが、体はやせ細り、衰弱していた。慶子さんはすぐに動物病院へ連れていき、手当をした。

 弁慶はなぜか車に乗るのが大嫌い。乗せると泣き叫んで暴れるという。「保護した時は1歳くらい。当初は飼ってくれるという里親さんが見つかったんです。でも、その方が車に乗せて連れ帰ろうとしたら、車内で大騒ぎしてね。結局、諦めて帰られたんですよ。それで私たちが飼うことになりました」と慶子さんは振り返る。

 夫婦はむかし、グレートピレニーズという真っ白なメスの大型犬を飼っていたことがある。名前はルーシー。たいそう可愛がっていたが、急性白血病のため7歳半で亡くなった。その2年後に現れたのが弁慶だった。慶子さんは、キリッとした強面で、風貌が武蔵坊弁慶になんとなく似ていることと、自分の「慶」も入っていることから「弁慶」と名付けた。

 性格は穏やかで誰にも人なつこいため、茶房でくつろぐ客や日帰り入浴客の間で次第に人気者に。宿泊客が滞在する館内には決して入らず、茶房の周辺がテリトリーだ。「弁慶に会いたいから来た」というねこ好きの人、キャットフードなどお土産持参でやってくる人も大勢いて、店の一角には弁慶の似顔絵や人形などが飾られた”弁慶コーナー”も。ただ、中嶋さん夫婦が見ていない時に、おやつなどをあげる人も中にはいるらしく、「健康管理上よくないので、与えないようお願いします」(慶子さん)。

 5年ほど前にはこんなこともあったそう。弁慶の左前脚に良性の腫瘍(毛芽腫)ができ、歩きにくそうにしていたため、切除手術をすることになった。慶子さんが旅館の女将やスタッフらにその話をすると、「それは大変だ」とすぐに数万円の募金が集まり、手術費用にあてることができたという。

 「私たち夫婦はもともと犬派だったんです。でも、この子と出会って長年連れ添ううちに、すっかりねこ派になってしまったわ」と慶子さんはほほ笑む。弁慶はいま推定16歳。人間でいえば80歳くらいのおじいさんだ。そのため、老猫用のキャットフードを与えるなど、毎日の食事やちょっとした体調変化にも気を配っている。「いつまでも元気で長生きして、お客さんを癒やし続けてほしいです」と彼女は願っている。(デイリースポーツ特約記者 西松宏)*「山みず木」熊本県阿蘇郡南小国町奥黒川温泉 電話 0967・44・0336

関連ニュース

    >

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス