文字サイズ

忘年会シーズン到来 いまさら聞けない“ルール”をマナー講師に聞く

忘年会シーズンが到来※写真はイメージです(C)BRAD-Fotolia
忘年会シーズンが到来※写真はイメージです(C)BRAD-Fotolia
2枚2枚

 師走の暦に入るとともに、忘年会のシーズンが到来しました。今春入社した新入社員にとっては初めての忘年会になります。学生時代のフランクな飲み会とは趣の異なる雰囲気に最初は戸惑うかもしれません。さらに社会人1年生に幹事という「大役」が回ってくることも少なくありません。失敗しないために知っておきたい“ルール”をマナー講師である「あい☆えがお」の山本えり代表に聞いてみました。

■出入り口から一番遠い席が上座

 まず宴会場に着いたら、座席を確認しましょう。大きな会場なら、床の間の前が上座なので、上司に座ってもらいます。対して下座は料理や飲み物を運ぶ仲居さんが出入りする付近です。一般的な居酒屋などで宴会を開く場合は…。

 山本代表「その場合、お店の出入り口から一番離れている席が上座となります」

■ビール(瓶)の注ぎ方

 乾杯の最初の一杯は瓶ビールで、というのが多いでしょう。上司や先輩に注ぐときはビール瓶の下を利き手で支え、反対の手で瓶の下側を支えます。指は開いたりせず、親指以外の4本は閉じましょう。注意する点はラベル面を上向きにすることです。下向きは当然ですが、横向きでもダメです。

 山本代表「表彰状を授与するときをイメージしてください。表彰状を逆さまや斜めにして渡さないですよね。キチンと正面を合わせることは、相手に対しての気遣いです」

 次にビールを注ぐ量についても気配りが必要です。コップからこぼれるぐらい注ぐのは論外で、8~9分目が適量です。また、アルコールが得意じゃない上司から「少しでいいよ」と言われた場合、「遠慮している」と受け取って、なみなみと注いでしまうのはNGです。山本代表によれば「3分目」が目安です。

■日本酒(熱燗)の注ぎ方

 おしゃくをするとき、とっくりの注ぎ口からではなく円の部分から注ぐのが正しいマナーである、「縁(円)の切れ目になるから」などという理由からその説がネット上で飛び交っています。これは以前テレビ番組で取り上げられたことが影響しているようですが、改めて山本代表に聞いたところ、この説について「初耳です」と返ってきました。

 山本代表「マナーは唯一これしかないというものでもありませんが、とっくりを作った方がなぜこんな形にしたのかを考えれば自ずと分かると思います。こぼれにくいように、注ぎやすいようにと作ったのではないでしょうか。外にこぼさず、丁寧に注ぐことが一番大事なことです」

■帰りのタクシーの座席位置

 無事、忘年会も終わりました。ただ、帰宅するときに複数人でタクシーに乗車するときもルールがあります。運転手の真後ろが上席と考えてください。次に運転手の左後方→運転手横の順番が正解です。では、ぎっしり4人で帰るケースは?後ろが3人となり窮屈となりますが、後部右ドア側→後部左ドア側→後部中央→助手席となります。

 山本代表「世話役の人は支払いがありますから、運転手の横に座りましょう。忘年会と少し離れますが、取引先の人が運転する車で乗せてもらう場合は、会話を重視する意味で上司の方に運転手の横に座ってもらいましょう」

  ◇  ◇

 東京都消防庁によると、2016年東京消防庁管内で発生した急性アルコール中毒による救急搬送人員は月平均1344人でした。しかし、忘年会シーズンの12月は平均を大きく上回る1823人です。しかも年代別にみると全体の7割近くを占める割合で圧倒的に20代が多いのです。特に社会人1年目の人は、自分の酒量の適量を普段から知っておくこと、当日の体調に注意すること、一気飲みはNG、飲めない体質の方は「お酒が飲めない体質です」と伝える、吐いた場合は吐いたものが喉につまらないように注意しましょう。マナーも大事ですが、お酒との付き合い方もぜひ学んでください。(神戸新聞・佐藤利幸)

◆山本えり 神戸新聞文化センター(http://k-cc.jp/)ゆめタウン姫路KCC「ハッピースピーチ&マナー」講座を担当。あい☆えがお代表。

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス