文字サイズ

吉澤ひとみ容疑者、証拠隠滅の可能性も 信号ではなく人を見ていた?小川泰平氏が指摘

警察車両で移送される吉澤ひとみ容疑者=東京・中野警察署(9月6日撮影)
1枚拡大

 酒気帯びでひき逃げしたとして道交法違反などの疑いで逮捕された「モーニング娘。」元メンバーの吉澤ひとみ容疑者(33)が自転車に乗った女性をはねたドライブレコーダー映像の動画が公開されたことを受け、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は14日、デイリースポーツの取材に対し、その女性の反応次第では死亡事故につながっていたことや、本人が証拠隠滅を図っていた可能性を指摘した。

 9月6日午前7時頃、東京都中野区内ではねられた20代女性は軽傷だったが、小川氏は「映像を見て分かったのは、被害者が吉澤容疑者の車に気づいていたということです。車に気づいて、とっさに自転車を止めて身構えたので、その自転車もクッションになって軽傷で済んだ。気づかずに普通に自転車に乗っていれば、もっと大けがになっていたでしょうし、被害者の年齢にもよるが最悪の事態も考えられた」と分析。相手の反応次第では最悪の場合、死亡事故につながっていたことを映像は証明していた。

 また、同氏は「映像を見るに、ブレーキをかけ、ぶつかった後にスピードが落ち、止まるかと思った瞬間、アクセルを踏み込んでいるのには驚いた。かなりのスピードで逃げる映像は衝撃でした」と感想を述べつつ、「吉澤容疑者は信号を見ていたというより、横断歩道を渡ろうとしている人たちを見ていたようだ。人が横断歩道を渡ろうとしたと同時に急ブレーキをかけているのが分かる」と信号無視した本人の心理を映像から解析した。

 さらに、吉澤容疑者は走り去った後、次の赤信号で停車中、追いついた事件の目撃者に車の窓をたたかれて制止を求められながらも無視して逃走していたことも現場からの証言で明らかになった。

 小川氏は「ひき逃げには変わらないが、ひき逃げ後の行動として問題になる」とし、一方で「吉澤容疑者の車にドライブレコーダーが付いていたのかも気になる。もし付いていたとして、事故後、それを取り外していれば証拠隠滅になり、情状酌量が悪くなる」と今後の注目点を挙げた。

 「逃げるつもりはなかった」という供述が根底から覆る映像と証言によって、新たに、その悪質性が露呈した同容疑者。26日まで勾留延長となり、今後も取り調べが続く。

 小川氏は「飲んだ量と時間帯が本人の『午前0時まで飲んだ』などの供述と合わないため、警察が容疑者の自宅を家宅捜索して、飲酒にかかわるコップや空き缶などを押収したということは、なかなかないこと。異例の捜査です」と指摘。同氏は「吉澤容疑者がお酒に強いといっても、7時間もたっているとは思えないアルコール量。午前3時くらいまで飲んでいたのではないか」と推測した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス