文字サイズ

C大阪・森島社長が緊急会見 乾貴士の現状を説明「復帰に向けて話をしている」

 J1C大阪の森島寛晃社長(50)が28日、オンライン取材に応じ、6試合出場停止のクラブ独自の処分が明けた後も全体練習に合流できていない元日本代表MF乾貴士(33)の現状を説明した。

 森島社長はこの日、湘南戦(29日・レモンS)に向けたオンライン会見後に緊急会見。「監督との乾選手とのミーティングも終わりまして、今回の件に関して和解の方もしっかりできています。復帰に向けて話をしているというのが現状です。時間もあいてしまったので、どのタイミングで戻ってくるか本人とのミーティングを重ねながら話をしているというのが、クラブと乾選手との間での状況です」と復帰のタイミングを見極めているところだと説明した。

 今季副将の乾は4月5日の柏戦(ヨドコウ)で途中交代を命じられた際に不満を表した態度が問題視され、当日中にクラブから謹慎を命じられた。その後、クラブは4月14日に6試合の出場停止処分を決定。交代を命じられた際にサポーターの前で暴言を吐くなど不服な態度を示したこと、試合後にチーム規律・秩序を乱す行動が確認されたと理由を説明した。

 5月14日の名古屋(豊田ス)戦で処分は終了したが、その後も練習に合流できていない。謹慎期間も含めると公式戦を11試合欠場している。

 この間、森島社長らクラブ幹部と複数回の面談を重ねた。乾本人からはチーム、クラブ、サポーターに迷惑、心配をかけたと反省の言葉もあるという。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス