文字サイズ

J1神戸 大迫勇也の獲得発表 J日本人歴代最高の年俸4億円3年半契約か

大迫勇也
 三輪麻未
2枚

 J1神戸は8日、ドイツ2部ブレーメンから日本代表FW大迫勇也(31)を完全移籍で獲得したと発表した。契約期間などは非公表だが、複数の関係者によると3年半契約で年俸4億円前後とみられ、Jリーグの日本人では歴代最高年俸となる(金額は推定)。

 大迫は「この度、ヴィッセル神戸に完全移籍で加入することになりました。プロサッカー選手になり12年半、ドイツで7年半プレーする中で様々な経験をさせて頂き、ここからもう一段階自分を成長させるため、強い気持ちを持ってヴィッセル神戸に移籍することを決断しました。J1リーグ、ACL、天皇杯、ルヴァンカップ全てのタイトルを取り、ヴィッセル神戸の新たな歴史を作るために、全力でプレーし、ストライカーとしてゴールを追求して行きたいと思います。ヴィッセル神戸のファン、サポーターの皆さまの前でプレーする日を楽しみにしています。応援宜しくお願い致します」とクラブを通じてコメントした。

 神戸は今夏、J1得点ランク首位の日本代表FW古橋亨梧(26)がスコットランド・プレミアリーグのセルティックに完全移籍。新たな得点源確保へ大迫を筆頭候補に挙げ、水面下で獲得に動いていた。大迫は2022年6月末までブレーメンとの契約を残し、本人も欧州でのプレーを希望していたが、神戸が破格の条件を提示して合意にこぎつけた。

 鹿児島県出身の大迫は14年1月にJ1鹿島から1860ミュンヘン(当時ドイツ2部)に完全移籍。同年のW杯ブラジル大会後から1部のケルンでプレーし、18年夏にブレーメンに移った。ドイツ1部通算181試合26得点。日本代表として14、18年と2大会連続でW杯に出場するなど国際Aマッチ通算49試合23得点。W杯カタール大会出場を目指す日本代表の不動のセンターFWとして君臨している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス