文字サイズ

イニエスタ、ルヴァン杯も出場へ 神戸・三浦監督「少しでもプレーさせたい」

 J1神戸の三浦淳寛監督(46)が4日、ルヴァン杯FC東京戦(5日・ノエスタ)に向けてオンライン取材に応じ、1日の広島戦(ノエスタ)で今季初出場したMFアンドレス・イニエスタ(36)を途中出場で起用する方針を示した。

 広島戦で今季初のメンバー入りしたイニエスタは後半30分から途中出場。FWリンコンとの2トップやトップ下などポジションを変えながら3-0の快勝ゲームを締めた。

 昨年12月の右大腿直筋近位部腱断裂手術から復帰を果たしたイニエスタについて、三浦監督は「リバウンドを含めてまったく問題ないです。とにかくコンディションを徐々に上げていく。それだけだと思っています。今日も元気にプレーしていました」と試合後の状態を明かした。

 FC東京戦の起用については「試合展開にもよるが、できれば少しでもプレーさせたいなという思いはあります」と答えた。

 イニエスタや合流からそれほど時間が経過していないリンコン、FWマシカに関しては実戦を通じて徐々に出場時間を増やし、コンディションを戻していく方針。「例えば先発で出て出場時間があまりにも短いと交代にも影響してくるので、ここは慎重に考えたい」と途中出場での出場が基本となりそうだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス