文字サイズ

鳥栖・金監督がコロナ感染 スタッフ以外濃厚接触者おらず…12日広島戦は開催目指す

 J1鳥栖は11日、金明輝監督(39)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。Jクラブ監督で感染者が出たのは初めて。同日、選手ら89人がPCR検査を受けた。スタッフ3人以外に濃厚接触者はおらず、12日のYBCルヴァン・カップの広島戦(Eスタ)は予定通りの開催を目指している。

 クラブによると、金監督は体調の違和感を感じる中で8日の鹿島戦の指揮を執ったという。その後、9日夜に38度の発熱。10日朝は平熱だったため練習に参加したが倦怠感があり、同日午後に佐賀県内の病院でPCR検査を受け、陽性と確認された。

 オンラインで会見した竹原社長はJリーグ側への報告のあり方など、「至らない点が多かったことは認めたい」と反省の言葉を述べた。広島戦は桑原勇斗コーチが指揮を執る見通しだという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス