文字サイズ

J1神戸・コロナ対策で異例の当日移動 負担増も中3日イニエスタ出場へ

 J1神戸は7日、中3日の次節鳥栖戦(8日、駅スタ)に向けて神戸市内で非公開の最終調整を行い、アウェー2連戦となる鳥栖戦と11日の大分戦(大銀ド)で、いずれも試合当日に現地入りすることが明らかになった。

 敵地での試合は前日入りが通例だが、クラブによると新型コロナ感染症対策の一環で、宿泊を極力減らすために異例の形になったという。大分戦は中2日だが、一度神戸に戻って再び試合当日に移動する強行軍となる。

 フィンク監督はメンバーについて「大きな変化はなくていい」と語り、4日の広島戦でフル出場したMFイニエスタの起用を示唆。過密日程と当日移動の負担が36歳にのしかかるが、リーグ戦初勝利を“魔術師”に託した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス