文字サイズ

J1名古屋・GKランゲラックが新型コロナ陽性 希望者検査で判明、症状はなし

 サッカーJ1名古屋は7日、オーストラリア出身のGKミッチェル・ランゲラック(31)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。名古屋では2日に感染が確認された元日本代表FW金崎夢生(31)に続き2人目。名古屋は4日に金崎の濃厚接触者と判断された19人のPCR検査を実施し、全員が陰性だったが、6日に希望者26人に任意のPCR検査を行った結果、ランゲラックに陽性反応が出た。

 名古屋に再び激震が走った。オンラインでの緊急会見に臨んだ小西工己(こうき)社長によると、ランゲラックは2日に感染が確認された金崎の濃厚接触者19人(全員が陰性判定)に含まれなかったが、6日に任意で受けたPCR検査で陽性と判定された。発熱や倦怠(けんたい)感などの症状はないが、7日午後から愛知県内の病院に入院したという。

 感染経路は不明だが県外への移動歴はない。また、ランゲラックは保健所から金崎の濃厚接触者と認定されておらず、クラブも2人の接触を否定。小西社長は「直接の感染という判断はできていない」と金崎経由の感染の可能性を打ち消した。

 ランゲラックの濃厚接触者については保健所と連携の上、特定を進めていく。5月20日からポジション別のグループ練習を開始していたが、クラブによるとGK同士は5~6メートル離れて練習しており、濃厚接触者に当たらないとの認識を示した。

 金崎の感染を受けてチームは再び活動休止中で、全体練習再開は13日以降となっている。名古屋は8日に検査未実施のトップチーム全選手、スタッフのPCR検査をする予定で、今後のスケジュールは検査結果を踏まえて決定していくという。

 7月4日のJ1再開まで1カ月を切った。チームの活動再開はさらに遅れる可能性もあるが、リーグ再開日程に変更がないことはJリーグとも確認済み。小西社長は再開日に向け「進捗(しんちょく)に全く変更ない。できる範囲で準備することに尽きる」と強調したが、さらなる影響は避けられない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス