文字サイズ

Jクラブからは切実な声も「4月3日再開で確約できるか」

 Jリーグの村井満チェアマンが9日、JFAハウスで取材に応じ、公式戦の再開を3月18日から4月3日に順延し、新型コロナウイルス対策に力を注ぐと発表した。各クラブの反応には「4月3日再開で確約できるか」や、日程面や財務面などの課題について「この期間で本当に準備できるのか」といった切実な反応があったことも明かした。

 結論から言えば、4月3日に再開できるかどうかは、現段階ではチェアマンも明言はできない。国内の感染拡大状況がどう変遷しているか、特措法が改正された上で、政府による非常事態宣言は出ていないか、各クラブが検温や消毒液などの設備を整えられるかなど、さまざまな条件をクリアしなければならない。

 こうした想定される課題を見越して、この日から4つのプロジェクトチームを発足させたと発表した。さまざまなケースを想定した日程を検討するプロジェクト、無観客試合などを行わなければならない事態になった時にクラブ間で公平性が保たれているかを検討するプロジェクト、財務面のケア・サポートをするプロジェクト、消毒液や清掃態勢などスタジアムの設備を整えるプロジェクトの4つとなっている。

 話し合いを経ての感想を、村井チェアマンは「いろんな意見はありましたが、総じて支持いただいたかなというふうに思います」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス