文字サイズ

G大阪 MF小野瀬が流出危機 横浜Mから獲得の打診、MFスサエタは退団か

 J1G大阪のMF小野瀬康介(26)が流出する可能性が7日、浮上した。複数の関係者によると、横浜Mなどから獲得の打診が届いているという。

 昨夏にJ2山口から完全移籍で加入した小野瀬は今季30試合に出場。右サイドを主戦場に鋭い突破力と得点力で存在感を発揮し、チーム2位タイの7得点を挙げた。

 G大阪は来季以降も契約を残す小野瀬に対して慰留に努めるが、今季主戦を務めた右の翼も失うことになれば、編成の再考を迫られることになる。また、9月に加入したスペイン人MFマルケル・スサエタ(31)は契約満了で退団が基本線となっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス