文字サイズ

南米選手権は東京五輪世代が中心 関塚隆技術委員長が明言

 技術委員会後、報道陣に応対した日本サッカー協会の関塚技術委員長=都内・JFAハウス内
1枚拡大

 日本サッカー協会の関塚隆技術委員長(58)が10日、都内で取材に応じ、6月にブラジルで行われる南米選手権について、東京五輪世代を中心にチームを編成する方針を語った。

 南米選手権は、大陸連盟加盟外で招待参加となる日本には、クラブ側に選手を派遣する義務は発生しない。日本協会は関塚委員長を中心に各クラブとの交渉を続けており「海外の選手と、来年の東京五輪の強化につながるであろう選手を中心に、A代表として編成していきたい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス