文字サイズ

J1神戸に激震 リージョ監督電撃辞任 後任には元監督の吉田孝行氏

 契約解除となった神戸・リージョ監督
1枚拡大

 J1神戸は17日、スペイン出身のフアンマヌエル・リージョ監督(53)の意向を受け、同日付で契約解除に合意したと発表した。後任には元監督の吉田孝行氏(42)が就任する。また、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)が主将を返上したと、自身の公式ツイッターで明かした。

 今季7試合を終えたばかりの神戸に早くも激震が走った。リージョ監督が電撃辞任。シーズン途中での監督交代は3季連続となる。「私と家族にとってはこうする事がベスト」とクラブを通じてコメントした指揮官は、この日クラブハウスを訪れ、練習前のミーティングでクラブを去ることを選手に告げた。

 取材に応じた三浦淳寛スポーツダイレクター(SD)は14日の広島戦後に辞任の申し出があったことを明かし、「成績に対して考えることがあったと思う。時間を掛けて話し合ったが意志が固かった」と説明した。ポドルスキは監督交代について「驚きはあるが、クラブの意向もあった。うまくいかなかった」と含みを持たせた。

 リージョ監督は神戸が推進する“バルセロナ化”の担い手として昨年9月に就任した。今季はビジャ、イニエスタ、ポドルスキの“VIP”トリオを擁し、攻撃的なスタイルで一時は4位に浮上したが、直近3試合で9失点と守備組織が破綻。今季初の2連敗で10位に沈んでいた。

 後任となる吉田監督は昨季途中に神戸の監督を解任され、今季は強化部に籍を置いていた。異例の再登板に「すぐ返事はできなかったがクラブが苦しい時に何ができるか」とクラブ愛を強調。三浦SDは吉田監督の任期について、残りシーズンかと問われ「もちろんです」と即答した。

 吉田監督は練習で守備の再構築に着手し、選手には「ハードワークしないとメンバーから外す」と伝えたという。上限5人の外国人出場枠についても「外国人を5人使うとも限らない」と話し、ポドルスキらを含め“聖域”を設けない競争を促す考えだ。チーム再建を託された指揮官の手腕に注目が集まる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス