文字サイズ

尚志 2年生FW染野ハット実らず 日本代表・大迫ばり“半端ない”プレー見せたが…

 「全国高校サッカー選手権大会・準決勝、青森山田3(PK4-2)3尚志」(12日、埼玉スタジアム)

 準決勝2試合が行われ、青森山田は3-3からのPK戦をGK飯田雅浩(3年)の活躍で4-2と制し、福島県勢初の決勝進出を狙った尚志を下した。

 尚志はイレブン唯一の2年生FW染野唯月(いつき)が気を吐いたが、及ばなかった。前半26分、後半23分、同30分と決め、ハットトリックを達成。特に2点目は滑り込む相手を鮮やかにかわして左足を振り抜き「イメージしていた」と納得の一発だった。

 日本代表FW大迫のように体を張ってボールを収め、要所でチームに貢献。これには仲村浩二監督(46)も「大迫選手のようになりたいと言っている通り、覚悟を決めてやってくれた」とうなずいた。しかし目標だった全国制覇には届かず「ゴールに向かう姿勢はよかったけど、守備だったりはまだまだ課題」と染野。来季の雪辱を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス