文字サイズ

元なでしこジャパン・大野忍がINAC神戸退団 W杯優勝メンバーがまた1人…

 INAC神戸を退団する大野忍
1枚拡大

 なでしこリーグのINAC神戸は元日本代表FW大野忍(33)が今季限りで退団することを発表した。

 大野は日テレから2011年にINAC神戸に移籍。同年のドイツW杯でも主力として活躍し、なでしこジャパンの世界一に貢献した。W杯3大会、五輪2大会に出場し、日本代表通算139試合40得点を誇る。今季のなでしこリーグでは14試合出場4得点だった。

 INAC神戸では、同じくドイツW杯優勝メンバーのMF田中明日菜も今季限りでの退団をすでに発表している。

 大野はクラブを通じ、以下のようにコメントした。「この度、INACを退団することになりました。チームメートや監督、コーチ、スタッフの方々、またたくさんのファンやスポンサーの皆様の応援によりここまで頑張ってられたと思っています。今年タイトルを取れなかった事は残念ですがこれからもINAC神戸の発展を願っております。本当にありがとうございました。今後のことはこれからサッカーに対して自分なりに向き合って考えていきたいと思っています」。今後については明言していない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    JavaScriptをOnにしてください

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス