文字サイズ

G大阪サポーター、ナチス連想させる応援旗掲げていた 当該団体に指導

 J1G大阪のサポーターが16日のC大阪-G大阪戦で、ナチス・ドイツ親衛隊「SS」のマークを連想させる応援旗を掲げていたことが20日、分かった。

 G大阪によると外部からの指摘などで事態を把握。掲出したグループを特定したものの政治的思想はなく、既に当該グループに厳しく指導した。以前にも類似したケースがあり、当該グループに警告して以降、掲出はなかったという。G大阪は公式ホームページで「当事者が判明次第、厳正な対応を行う」と声明を出した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    JavaScriptをOnにしてください

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス