文字サイズ

磐田劇勝2位!自動昇格で3季ぶりJ1

J1昇格を決めて喜ぶ磐田イレブンとガックリ崩れ落ちる大分イレブン
1枚拡大

 「J2、大分1-2磐田」(23日、大分銀行ドーム)

 磐田が大分を2-1で下して勝ち点を82に伸ばし、2位で3季ぶりのJ1昇格を決めた。後半ロスタイムにMF小林祐希(23)が決勝点を決めた。勝ち点で並んでいた福岡も岐阜に4-1で快勝したが、得失点差で及ばず3位でJ1昇格プレーオフ(PO)に回った。最下位の栃木はJ3に降格し、21位の大分はJ3で2位の町田との入れ替え戦に回る。

 ドラマチックな展開にしびれた。待ち焦がれていた3年ぶりのJ1復帰。タイムアップの瞬間、磐田の選手がベンチになだれ込み、名波浩監督(42)の体が宙に7回舞った。

 “勝負の神様”が揺れた。勝てば、J1昇格が確実になる大分戦。1-0でリードした後半45分に同点弾を献上した。昨年のJ1昇格プレーオフの山形戦で、後半ロスタイムに決勝弾を許した悪夢がよみがえった。しかし、今季の磐田はひと味違っていた。後半ロスタイム。MF小林が左足で豪快にネットに突き刺した。

 名波監督は「昨年のプレーオフでは、GK山岸に決められた後、ピッチにうずくまっていた選手がいたが、きょうは同点に追いつかれても、すぐに気持ちを切り替えていた。その成長は大きい」と1年3カ月にわたる指導の成果を感じていた。

 昨年9月に就任し、チームに漂う停滞感を一掃した。名波監督は選手に4つのルールを設けた。(1)攻守の切り替えを早く(2)セカンドボールの予測を的確に(3)状況判断の早さ(4)常にシュートを狙う姿勢。昨年は、J1昇格を逃したが、さらに「サボらない」「あきらめない」「(集中力を)切らさない」の3つの約束事を徹底させた。

 30節の徳島戦(8月23日)から最終節まで13戦負けなしのチーム新記録。昨年は一度もなかった逆転勝ちが今季は6回を数えた。だが、これで終わりではない。名波監督は「エレベーターチームにはなりたくない。J1というハードルにしがみつき、(強豪と)何十年とわたりあえるチームにしたい」と力強く語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス